「不都合な真実2:放置された地球」を観て

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団
団長こと鳥辺康則です。

昨日ドキュメンタリー映画「不都合な真実2」を観てきました。

2006年の前作「不都合な真実」を鑑賞し感銘を受けたのを今でも覚えてます。

その後、アル・ゴアさんが来日され特別講演会が開かれたので出席をいたしました。
(参加費10万でしたけど 笑)

その時感じたのは、「アル・ゴアという人物は本当に真剣に世界に気象変動ことを伝えているのだ!」と言うことです。

彼の言葉は力強く、思いがこもっており心が震えました。

その後「アカデミー賞ドキュメンタリー部門」を受賞し、翌年は「ノーベル平和賞」を受賞しました。

あれから11年・・・・・

我々が住んでいる地球は、様々な環境汚染によって良い方向に行ってるとは言えない状態にあると私は思います。

結果として人類を脅かす様々なことが問題視されています。

新種のウィルスや菌、放射線物質の問題、地震や火山活動の問題、温暖化の問題、オゾンホールに穴が開くことによる光線の問題、化学物質による海洋汚染の問題など、キリがないくらい問題があります。

アル・ゴアは、「温室効果ガスによる地球の温暖化」つまり、地球の気象変動について問題提起をしています。

温暖化→気温が高くなる→水分が蒸発する→待機中の湿度が増える→大型の台風、爆弾低気圧など頻繁に発生する 。

それだけではなく、熱中症死亡の増加・海面上昇・感染症の拡大・農作物への影響などがあります。

いつも温暖化のことは、肯定派と否定派にわかれます。

映画はアル・ゴアを美化したものではありません。
冒頭にはアル・ゴアを非難・否定するメディアの数々がでてきます。

地球温暖化は真っ赤な嘘だ!温室効果ガスの97%は水分だから全く温暖化とは関係ない!アル・ゴアは嘘をついている!温暖化と言いながら今年の夏は寒いぞ!など沢山あります。

日本の書店でも、「不都合の真実 7つの嘘」「地球温暖化は真っ赤な嘘」「地球は冷却化に進んでいる」「温室効果ガスと温暖化は関係ない」という本も沢山出ています。

世の中で 一方が「イエス」と言うと、必ず「ノー」と言う人が出てくるのは仕方ありません。

我々の世界が全て「相対」で成り立っているからです。

否定派に対して反論する事は簡単ですが私はしません。
こう言ったらあー言うが 永遠に続くからです。

そうではなく感じて欲しいのです!
最近天気が変だな〜 最近の環境ちょっと違うんじゃないか〜 やたら大雨が続くな〜
感じる中でちょっと最近変だぞ!と思う人が増えていると思います。

今年7月に九州北部で発生した集中豪雨、秋田で起きた考えられない量の豪雨、東京で起きた8月に入ってから連続21日間にわたっての雨など・・・

テレビでは連日「観測史上初」「 100年に1度の豪雨」「過去にない記録的な大雨」「爆弾低気圧」などの言葉が頻繁に流れているように思います。

なんか変だな、ちょっとおかしいぞ、などと感じて欲しいのです。

映画の中でアル・ゴアが出した3つのメッセージは、
⑴ 「温暖化の状況は悪化の一途をたどっている」
⑵ 「温暖化の解決策は既に分かっており、私たちの手中にある。一部の企業や国の取り組みも大きく進み、かつての「温暖化対策か、経済成長か」ではなく「温暖化対策が経済成長の原動力」と言う状況になってきた!」
⑶ 「間に合うタイミングで社会全体を動かしていくためには、私たち一人一人が自分のライフスタイルを見直すだけではなく、政治家を動かして行かなくてはならない!」

パリ協定を中心として政治的なやり取りも劇中には結構出てきます。

我々は政治家ではないので、では何をしたらいいのか?

アル・ゴアの提案は、
・省エネルギー型の家電製品や電球に交換しましょう
・リサイクル製品を積極的に利用しましょう
・こまめに蛇口をしめましょう
(水道の送水に使用されるエネルギーを削減することができます)
・エアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギーを削減しましょう
・環境危機についてもっと学びましょう。そして学んだ知識を行動に移しましょう。子供たちは、地球を壊さないでと両親にいましょう
・停車中はエンジンを切りエコドライブしましょう
・タイヤの空気圧をチェックしましょう
(車の燃費基準をあげれば、無駄なエネルギー消費を妨げます)
・過剰包装、レジ袋断りましょう。買い物はリサイクルエコバックを使いましょう
・たくさんの木を植えましょう
( 1本の木はその成育中に1t以上の二酸化炭素を吸収することができます)
・映画「不都合な真実」を見て地球環境について知り友達に勧めましょう

こんなもんです。

実はこれ映画の中で言われてることではなく、11年前受けたセミナーの中で語られたことです。

全部でなくても1つでいいから行動することが大切だと言っておられました。

このブログを読んで少しでも興味持った方がいたら映画館へ行ってぜひ「不都合な真実2」を観てみてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CALL

最近のコメント

過去の記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る