これからの美容室の新しい「カタチ」

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団
団長こと鳥辺康則です。

伊豆長岡でのエクスマ塾東京88期の1回目合宿から2日立ち感じることがあります。

それは・・・これからの美容室は自分の好きなことをどんどん発信していき、極めて「個」を前面に出していくべきだ!絶対!ということです。

美容業界で今一番苦しんでいるのがファミリーサロンと言われています。
子供から大人、お年寄りまで男性女性問わずにすべての方々に来て欲しいと言うコンセプトのサロンです。

低価格帯のサロンは別として、今の時代全ての方に来て欲しい!と言うのは私から見ても無理があると思います。

情報発信する時も1番大切なのは「誰に」と言う部分だと思います。

美容室に例えると「どんな人に」店に来て欲しいのか!を明確にしなければ厳しい時代です。

ここで言う「どんな人」は、ロジック的な20代前半の女性、40代から60代の美意識のある女性、シニア世代とかと言う話ではなく、具体的などんな人?です。

今回の合宿の中ですごく大切な仲間がたくさんできました。
その中の1人に、兵庫県から来た美容師さんがいました。
ニックネームは「ジャック」です(^◇^)

ジャックはお一人でお店をやっている美容室のオーナーです。
お店の場所柄からしても、ものすごく激戦区で半径1キロ以内に100店以上ある地域です。
(そこには私のお客様も数件あります! )

今回 ジャックに会ってセミナーの中で分かった事は・・・

彼は無類の「ディズニー好き!」普通の好きでなくマニア的に好きな楽しい方です。
アメリカフロリダの「ディズニーワールド」にもすっ飛んでいく位大好きなのです。

彼は今回の合宿セミナーの中で周りの講師の方々や仲間からのアドバイスもあり完全に「開眼」してしまいました!

眠れる獅子を起こしてしまったような感覚です(笑)

彼は決めました「ディズニー好きが全国から来る美容室を創る!」

行動も早く、彼は次の日に奥様にそのことを告げてディズニーランドの年間パスポート買うことを決めたそうです。

店を休んででも毎月ディズニーランドに行く!
そして様々なディズニーランドの最新グッズや最新情報を取り入れてどんどんSNSを通じて発信していく!

想像してみて下さい!
無類のディズニー好きの彼が、毎日ブログでディズニーの最新情報や話題書き、 FacebookやTwitterで毎日発信する。

店の中は最新のディズニーグッズに溢れて、はまるで夢の世界(^◇^)
ディズニー嫌いの人ってないでしょう。

お店の中ではお客さんとディズニーの話で大爆笑しながら毎日盛り上がる。

そのことをまたFacebookやTwitterで発信!

定期的なイベントを開催し「 ジャックと行くディズニーツアー」「ディズニーを語りながらの飲み会」など楽しみがいっぱい。

今の時代は完全に「つながりの時代」
好きなことを極めてどんどんSNSを通じて発信することによって独自の世界観やコミュニティーが出来やすい時代!
どこでカットしてもらおうか?ではなく、「誰に」カットしてもらいたいか!の時代です。

上記に書いた「どんな人」に来て欲しいか?の答えは、
「自分の趣味や自分の価値観に共振共鳴してくれて、自分のことを大好きな人」に来て欲しいではないでしょうか。

それが可能な時代!からこそ好きなことを極めて発信しなければあなたの存在は周りの方々に伝わらないと言うことなのです。

私も多くの美容師さんに触れさせてもらいながら、お店の1番の売りはなんですか?とよく質問します。

残念ながら多くの方々は、「カットがうまい」「ケミカルに強い」「キッズルームがある」「他のサロンよりも勉強している」「カラーのテクニックがすごい」などなど・・・

今の時代技術が上手なのは当たり前!すべてのサロンさんは上手であり、日々薬剤の勉強して、少しでもお客様の髪を傷めないように努力している。

つまりは上記の事は全てのサロンがやってることであり、また真似ができることであるので「売り」には全くならないと言うことです。

うまく伝わらないと思いますが・・・(笑)

今多くの大切なお客さまのためにエクスマを受講して、楽しみながら学ばせていただいております。

ぜひ一緒に学んでほしいと思っています。

来年も平松さん(まちゃさん)をお呼びしての4回コースのセミナーや様々なエクスマ思想に触れていただく講習会を企画します。

カットの勉強会や新しい薬剤の勉強会も必要かもしれませんが、今一番必要なのは時代がが完全に変わったことを素直に受け入れ、変化に対応したセミナーを受けるべきだと思います。

一緒に楽しみながら好きを極めて発信していきましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CALL

最近のコメント

過去の記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る