ブログ

「ブラトリ」鳥取で昭和チックな店巡りしました

まだまだ最強寒波の勢いは続くみたいなので外出する方は気をつけてください

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

鳥取県の食といえば「カニ」「ノドグロ」「白イカ」「モサ海老」など新鮮な魚介をすぐに想像します

実際に冬場にカニを食べるとと本当に美味しいと思います

モサ海老の刺身なんかも甘みがありトロッとして美味しいです

白イカも🦑甘みがあり鳥取ならではの美味しい味覚だと思います

今回は新鮮な海の幸を紹介するだけではつまらないと思ったので、鳥取駅周辺で出会った昭和の香りを漂わせるお店を紹介したいと思います

ホルモンそばの名店「御縁」


鳥取県東部を中心に、昭和30年代の頃から長年親しまれているご当地グルメが「ホルモンそば」通称「ホルそば」なんですw

ホルモンは牛ホルモンを使い野菜も入ります

焼きそばをベースにホルモンを追加したというイメージよりも、ホルモン焼きをベースに中華そばを追加した感じに近いです

具材はホルモン、もやし、ネギ、ニンニクスライスなどです

中華麺は中太麺でモチモチしてお 美味しかったす

タレは甘さの効いたタレですが、辛さの調節もできるので私は激辛バージョンでお願いいたしました

ホルモン炒めや牡蠣炒めも絶品でニンニクが効いていて美味しかったです

他にもホルモンカレーそばや焼き飯、ホルモン丼、一品料理などもあり飲みながら鉄板料理を楽しめるのも良いところです

お持ち帰りも出来るのでホテルで食べても良いと思います

皿そばの名店「喜楽」


小説「砂の記憶」にもその名が登場した皿そばの名店が喜楽さんです

ひと口サイズの量のおそばが1枚1枚さらに乗って登場するのが皿そばです

イメージ的にはわんこそばみたいなものだと思ってください

わんこそばは次から次えとせかされて食べないといけませんが、皿そばはゆっくりと食べられるので私はこちらの方が大好きです

出石のそば粉を原料に砂丘名物の長芋をつなぎに使っているのが特徴です

ツユはキリリとした辛口です

薬味に長芋とうずらの卵、ネギがついてくるので飽きてきたら味の変化も楽しめます

注文は皿そば5枚単位でオーダーができます

ちなみに、小人は5枚・女性は10枚・男性は15枚を目安にすると良いと思います

100枚食べる強者もいると言うことなので、一気にオーダーするのではなく食べ足りなかったら次を注文したら良いと思います

おでんと焼き鳥の名店「鳥兼」


鳥取のこの地で約60年続く老舗の焼鳥屋さんがこちらの鳥兼さんです

いつも常連さんで混み合っているお店です

1人で行った時は焼き鳥の盛り合わせをオーダーすることをお勧めします

皮・ズリ・つくね・ネギ間・レバー・手羽先が入った盛り合わせです

塩orタレは聞かれませんので、大将お任せと言う形になります

焼き鳥が焼き上がるまでの間は、もう一つの名物おでんをお勧めします

常時20種類近いおでんのネタがありますが、私がお勧めするのは、イワシのつみれ・タコ・がんも・大根です

今回は違うネタも食べましたが、どれも味がよく染みていておいしいです

そしてもう一つの名物が「鶏骨付きモモ」です

ドカンとモモ焼きが1本出てきますので1人で行った場合にはきついと思います

長年続く地元民に愛されるお店は絶対に良いお店だと思うのでいちど行ってみたらいかがでしょうか

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報