ブログ

「泣く」ことはストレス発散だけではなく身体に良いらしい

最近50歳に近づき涙もろくなっている私です(笑)

映画を見てもすぐ泣いてしまうし、ニュースやドラマを見ていても泣いてしまいます

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

最近は映画「アベンジャーズ エンドゲーム」を観てラスト30分は号泣していました

小さい頃は「男は泣くものではない!」と厳しく言われていたのですが・・・

やっぱり最近はすぐ泣いてしまいます(笑)

最近は自分自身の感情に素直になったような気がします

巷では「泣活」と言う言葉もあるみたいですね

日本医科大学の海原純子特任教授曰く、泣くことは「ストレスを積み重ねないための自己防衛だ」とのことです

ん〜なるほど(^◇^)

泣くことによってのメリットとは何なのか?


結論から言うと「泣く」事は「笑う」や「睡眠」よりもストレス解消に効果的だと言われています

泣くことによる感情の解放はどんな抗うつ薬よりも高い気分向上効果があることが複数の研究で示されています

へ〜 かなりのストレス軽減があるみたいですね

特にストレスの元となる外的要因はコントロールできないのですが、泣くことにより自分自身の感情をコントロールできるようになるみたいです

様々な研究ではなくことによって仕事のパフォーマンスが向上することがわかっています

さらによく泣いた後は一時的にエネルギーを使い果たしたように感じるが、その後しばらくすると気分が良くなったと言う経験もあると思います

これは、泣くことで神経系からプレッシャーが取り除かれることが原因だと言われています

泣いて緊張をとけば、発散した後は体が徐々にバランスの取れた状態に戻り体温と血圧を整えることができるのです

蓄積された感情やエネルギーが泣くことで解き放たれ、炎症が和らぐ効果があることや泣く人は自身の心理的ストレスをうまく管理できることが明らかにされています

つまり、泣く事は心身ともに良いことなのです

最近感じる事はとにかく自分自身に素直になることだと思っています

自分が感じたことや思ったことなどを素直に受け取ることだと思っています

そのベースは「自分自身を愛すること」だと思います

自分を認めて、自分をいたわり、自分自身を肯定することがとても大切なように感じます

なかなかそんなことできない〜って人は・・・

映画や芸術、文化に触れることだと思います

特に映画は自分自身の感情を解放するとても良いストレス発散の場だと思っています

特にホラー映画は(笑)

最近は、泣けるホラーも多くなっているのでぜひ見て欲しいな〜

「泣活」最近していないと言う人はぜひ映画館に行って感動するような映画をみて下さい🎬

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報