ブログ

「納豆」が身体に良いだけでなく環境にも良い

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

納豆が大好きな私なのですが、娘たちは納豆が嫌いなのでそんな私を横目で見ています

混じれば混ぜるほどネバネバとした糸を引く納豆ですが、それが娘たちにはNGらしいです

私は大好きなので日本が生んだ発酵食品のキングだと思っています

整腸効果や免疫力向上、ダイエット・美容効果、生活習慣病予防などたくさんの効果があると言われているスーパーフードです

こんなに素晴らしい納豆なのですが、この間テレビを見ていたら納豆は体に良いだけではなく今様々な分野に使われていると言うことでした

納豆樹脂が地球を救うかもしれない


TVでは納豆の糸から作られた「納豆樹脂」が日本の大学で開発されたと言うものでした

「納豆樹脂」は納豆のネバネバした糸から作られるそうです

納豆の糸は「ポリグルタミン酸」と言う物質で、うまみ成分であるグルタミン酸からできています

納豆混ぜると美味しくなるのは、混ぜることでポリグルタミン酸がちぎれてグルタミン酸が分離するからだそうです

ん〜 何か難しい話ですよね(笑)

このポリグルタミン酸に放射線を当てるとゲル状の物質に変化し、それを凍結させて乾燥させることで納豆樹脂と呼ばれる粉末が作られるそうです

この納豆樹脂の最も特徴的な点は「驚異的な吸収力」なんです

なんと納豆樹脂粉末1グラムで2リットル以上の水を吸収することが可能なのです

さらにもともと自然のものから作られた樹脂なので微生物による分解もできます

今後はこの特性を生かし紙おむつや化粧品などの商品開発がされていくということです

吸水力抜群の美容製品が出てくるかもしれませんね〜

それだけでも凄いんですが、納豆樹脂はさらに世界各地で問題化になっている砂漠化現象の解決にも役に立つかもしれないと言われています

納豆樹脂に泥と水、そして植物の種を混ぜて砂漠に埋めます

極めて高い保水能力を持つ納豆樹脂を混ぜることで砂漠に泥の養分と成分がすぐに吸収されず徐々に溶け出すため、ちゃんと種が発芽し植物が育つと言う仕組みなのです

もちろん砂漠に残留ゴミが出る事はありません

凄いことですよね〜

日ごろ何気なく食べている納豆ですが、発酵食品は微生物の作用によって作られる食品であり、このような作用によって生み出される有用な成分を科学的に研究する学問が進んでいるみたいです

人間は他の生物の力を使って食べ物を手に入れています

そして、その食物を作り出す過程で様々な有用成分が生み出されていると思うと今後が本当に楽しみです

ceo-profile-img

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)
地球の応援団長こと鳥辺康則です。
初めて私のブログをご覧頂ける方はコチラもご一読頂ければ幸いです。
》鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ち

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報