ブログ

「運を引き寄せる法則」は科学的に証明されたようです

ハートフォードシャー大学の心理学教授、リチャード・ワイズマンによると「運を引き寄せる」科学が間違いなくあると言うことなんです

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

世の中には「運のいい人」と「運が悪い人」がいると言われています

ワイズマン博士はその違いを1000人以上の被験者で徹底的に検証したと言うことです

その結果、運は単なる偶然でも超常現象でもなく、その人の選択によるところが大きいことが明らかになったと言うことです

もちろん科学的アプローチですからその他にも原因があるかもしれません

人によっては前世のカルマや先祖からもたらす大きな何かがあると言う人もいるかもしれません

自分の努力で変えられる部分と自分の努力では変えられない部分があると言う人思います

しかし私は天命は変えられないとしても、運は人の選択によって変えられると信じています

人生はすでに生まれた時から決まっていると言う人思います

しかしそれでは何をやっても意味がないと言うことではないでしょうか?

人生は自分の選択によってある程度変えられると思っています

そう思う方が私が好きだからです(^◇^)

運のいい人には共通した性格があった


運のいい人たちの共通的な性格は、

・新しい経験を積極的に受け入れる

・外交的であまり神経質でない

・直感に従い何よりも前向きに物事を試す

・失敗についてくよくよ悩まない

・悪い出来事の良い面を見てそこから学ぶ

などです

つまりは「楽観主義者」だと言うことらしいです

確かにマイナス思考でいつも家に閉じこもっていたら、新しいことやワクワクさせてくれること、素敵なものに巡り会えるチャンスなんてないと思います

そしてびっくりしたのは運の大部分は選択によってもたらされることを踏まえた上で、教育によって「運のない人」が「運のいい人」に変われると言う事実でした

ラック・スクールと呼ばれる授業を受講した後、運が良くなったと実感した人は80%以上に及んだと言うことです

そして幸福感も強くなったと言う結果が出ました

つまり、運の良さは変えられる!と言うことが実証されたと言うことです

人々は日々たくさんの人と出会い様々な機会を得ます

そのチャンスを生かすのも殺すのもあなた次第です

とても運のいい人でもそのチャンスを行動にうつさなければ悪いことが起きることがあります

それは「チャレンジしなかった」という事実です

人々は、失敗したことより行動を起こさなかったことを2倍以上後悔すると言うことです

やってみてダメだったら変えればいいじゃないですか〜

何もせずに過去の習慣や栄光にしがみついている人がたくさんいるように思います

私自身は、運のいい人は行動する人だと思っています

運の悪い人は、頭で考えてばっかりで行動しない人だと思っています

チャンスや運は、日々の生活の中でたくさん転がってるように思えるのです

それをつかんで行動に移せるかどうかが最大の違いだと思いました

そんなことを思いブログを書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報