ブログ

これからの時期「光化学スモッグ」に注意が必要です

先日の7月18日は「光化学スモッグの日」だったそうです

1970年の7月18日に光化学スモッグの被害が日本で初めて確認された事に由来するそうです

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

住んでいる都市部によっても違うと思いのですが、やはり気になるのが光化学スモッグです

工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物などが太陽光の紫外線で光化学反応起こして発生する物質を「光化学オキシダント」と言います

光化学スモッグと聞くと一昔前の高度成長期の産物と思う人がいるかもしれません

しかし、この光化学スモッグは現在も引き続き注意報やさらに深刻な警報が発令されているのが事実です

光化学スモッグは、外気に直接触れる目や呼吸器に影響を及ぼすと言われています

主な症状としては目の痛み、咳、吐き気などが挙げられてますが、重症化すると呼吸困難、手のしびれ、めまい、頭痛、発熱、嘔吐、意識障害など症状を引き起こすこともあると言われています

この光化学スモッグは特に暑い夏の時期に多く発生することが注意勧告されています

問題は光化学オキシダントはマスクなどで予防することができないのです

つまり、光化学スモッグ注意報や警報が発令されたら室内に入り解除されるまで屋内で待機するしかないのです

そのことを知らない人が多いのでびっくりしています

光化学オキシダント注意報は意外と知られていない


昨年関東間だけでも光化学オキシダント注意報が発令された日数は埼玉で最多の10日間ありました

光化学スモッグが発生しやすい条件としては下記のようなことが言われています

・5〜8月の夏場に発生しやすい

・日差しが強い(紫外線が強い)日に発生しやすい

・気温が高い(25度以上)に発生しやすい

・風が弱い日に発生しやすい

・日中に発生しやすい

などです

さらにそこにPM2.5など大陸からの大気汚染物質の流入によって光化学スモッグの濃度が著しく高い地域もあります

特に西日本の一部では光化学オキシダント及びPM2.5のずば抜けて高い地域があるのです

もう一度申しますかマスク等は一切効果を発揮しません

光化学スモッグ注意報が発令された時は、屋外にでないと言うことが唯一の対策なのです

これは一昔前の話ではなく現代の話です

これだけ人体に有害な物質が空気中に含まれているのに、気にする人が少ないのは残念なことだと思います

もし目がチカチカしたり喉の痛みを感じた時は、お水で目を洗ったりうがいをしたりすることをお勧めします

PM2.5も分含めて小さいお子さんを抱えている親御さんは大気汚染に注意夜しなければいけないと思っています

対策としては普通のマスクでは意味をなさないので、整体融合型光触媒トリニティーをマスクにたくさんスプレーして使うことを進めてます

また外気に触れて帰ってきたと浸透性の高い天然水アクアリオで目を洗うことを勧めます

東京都内では健康のために屋外でランニングやウォーキングをする人が多いです

しかし実際は光化学スモッグが発生してる空気中で運動する事は逆に健康がいすることになると言う研究結果も出ています

大気の汚染は1人だけの問題ではありません

地球上に生きている全ての人たちにとって問題となる大きなことなのです

今私たちが住んでいる地球はかつてない位化学物質に汚染されてます

大気汚染・海洋汚染・土壌汚染・食料汚染・水質汚染・・・・

少しでも地球環境をきれいにするために日々活動してるので興味ある方はお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報