ブログ

とにかく乗り物酔いに弱いんですw

先日、和歌山で育毛の講習会をさせていただきましたw

講師は鹿児島市で美容室ZAZAを営んでいる「野村利成」さんです

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

何と野村先生は鹿児島から関西までフェリーに乗って来たのです

信じられない!100%船酔いする私としては絶対に無理!死んでもやだ!と子供のように暴れてしまうと思います

実際、野村先生のSNS投稿見てるだけで気持ち悪くなりました(笑)

仕事柄出張が多くバスや電車に乗ることも多いのですが本当に移動だけで気持ち悪くなりヘトヘトになることがよくあります

実際乗り物酔いしやすい人としにくい人との違いの原因ははっきりと明らかにされてないのです

しかし・・・

最近の脳科学で分かったことがあるそうです

それは・・・

脳は意外に不器用でバカだったのです


最近分かった事は、車に乗っている時身体のバランスを司る三半規管は「身体が揺れている」と言う信号を受け取っていますが、実際には車の中では身体は動いていない状態なので脳は2つの矛盾した情報を受け取っているとのことです

脳はこの2つの矛盾した情報を受け取ると処理しきれずにエラーになると言うことなのです

そして脳はなぜか「毒を飲んだ」と解釈し嘔吐が発生すると言うことなのです

つまり乗り物酔いは「毒を飲んだ」と言う脳の誤解が原因だということです

結構脳は不器用でバカなのです

以前読んだ本で「脳はバカ、腸はかしこい」でも脳は誤った解釈をしたり勘違いしたりするものだと書いてありました

特に移動最中に読書をしたりスマートフォンを見たりすると、脳は「身体が静止しているはず」とより強く認識するため、「身体が揺れている」と言う情報との矛盾が強まり酔いがひどくなると言うことです

どうでも良い話ですが面白いですよね🤣

EU園内で国をまたいだ移動が珍しくないヨーロッパでも3000万新が慢性的な乗り物酔いに苦しんでいると報告されています

そんな中でフランスの大手自動車メーカーであるシトロエンは「乗り物酔いを防ぐメガネ」を開発したとのことです

デザインはすごくダサイのですが興味があります

値段は99ユーロ(約1万3000円)です

多分そんなのかけても私には通用しないと思うのですがほんとに面白い発想から様々な商品が生まれています

ビジネスの基本は人々が困ってることに対しての解決する方法を提案することだと思っています

今多くの子供たちがアレルギーやアトピーで苦しんでいます

病院に行くとステロイド軟膏を処方されるだけの場合も多いです

しかし抜本的な原因解決にはなりません

私たちは原因解決を目指しながら生命を輝かせて本来あるべき姿に戻すエネルギー商品を多数扱っています

もし家族の中で病気や悩みで苦しんでいる方がいたら解決する方法がありますのでよかったらお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報