ブログ

どうしても使ってしまう電子レンジです

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

体に悪い!とさまざまな情報が出ている電子レンジですが、どうしても使ってしまうのが現状だと思います

日本では1961年に業務用が、そして翌年には家庭用のものが普及し始め、日本の各家庭での電子レンジの普及率はなんと! 97.5%だそうです

この普及率は多分世界一レベルじゃないかと言うことです

ちなみに中国での普及率は33.7%だそうです

インドネシアでは0.3%だそうです

1,976年、旧ソビエトが電子レンジの使用禁止し、ベルリンの壁崩壊後に解かれたと言うエピソードがネット上に散見されます

しかし・・・

調べてみると「電子レンジの危険は嘘だ!」などの判断する記事や情報もたくさんあるのです

どちらが本当なのかよくわからないのが現状です

どちらにせよ便利だから使ってしまうのはしょうがないことだと思います

しかしいくつかの注意事項があるのも事実かもしれません

電子レンジって危険⁈安全⁉︎


電子レンジについての肯定派て否定派の両方の情報をアップしたいと思うので参考になれば見てください

恐ろしい電子レンジの恐怖!

これを読んだら電子レンジを使うのが怖くなりました(笑)

電子レンジにまつわるウソ!ホント!

これを読んだら電子レンジを使うのを少し安心しました(笑)

結果から言うとどっちなんだって話です?

電子レンジは大きく分けると2つの問題があるようです

  1. 電磁波の人体への影響
  2. 調理される食品の栄養素の破壊

たしかに、電子レンジは電磁波、マイクロ波を発生して食材の水分子を超高速振動(1秒に24億5千万回)させて、周囲原子と摩擦させることによって加熱調理を行うということが知られています

たしかに電磁波による人体の影響やマイクロ波の被曝などは計り知れないものがあると思います

このことに関しては世界の様々な機関がデータ分析をしており身体にとって良くないことがわかっております

しかし、様々な文献を読んでいくと電子レンジを利用しているときに、どれぐらい離れた距離にいるかによって影響が変わってくることもあるみたいです

結果から言うと電子レンジから50センチ以上離れていれば被害は100分の1以下になるみたいです

もう一つの懸念は、電子レンジで調理すると食べ物の栄養価が減る!と言うことです

一般的に、野菜や果物を筆頭にどんな食べ物も調理法はどうであれ、加熱すれば栄養価の1部は失われると私は思っています

しかし、ここで言われる問題は栄養素が壊されるかりではなく、私たちの体内では代謝できない構造に変性すると言うことです

栄養素の流出ではなく分子レベルで破壊が起こっていることが問題なのです

野菜のビタミンが分子レベルで破壊されると、それはもう野菜ではなく自然界に存在しない異物となります

自然界に存在しない物を人間は消化・吸収・排泄することができないと言うことが問題視されています

どちらにしてもあまり良くない風に感じられます

まっ〜、その事は置いといても間違いなくやらない方が良いことも紹介しときます

それは、プラスチック容器等のまま電子レンジを使うことです

発ガン性のある有毒物質はプラシックや紙の容器、蓋から滲み出て食べ物に入ることもあります

油脂の多く含んだ食べ物プラスチックの容器に入れてレンジにかけると、

  • ダイオキシン
  • ポリエチレン・テレフタレート
  • ベンゼン
  • トルエン
  • キシレン
  • ビスフェノールA
  • BPS などが溶け出します

これらは、女性の生殖要因や脳の成長機能障害、その他にも糖尿病や前立腺の疾患との関連が認められている物質です

電子レンジを使うときには必ずガラスの耐熱容器に変えて温めて使った方が良いみたいですね

電磁波の影響は危険!


電子レンジは、使用時にある一定距離離れていれば電磁波の影響が少ないみたいですが、日常の生活の中では非常に怖いものであります

以下は調べたものをまとめます

・電磁波とがん=「あらゆる人工電磁波は危険だ」ニューヨーク州立大学R.ベッカー博士 1ミリガウスに比べて4ミリガウス超では子供の「脳腫瘍」は10.6倍、「白血病」は4.7倍 ・ケータイ脳腫瘍=携帯零和は直接耳に当ててはいけない 「脳腫瘍が3.9倍多発(スウェーデン報告)」 マイクロ波で脳細胞DNAは、わずか2時間で6割がズタズタに破壊される(米国・ライ博士) ズボンのポケットに入れていると、精子は30%減少する ・ホットカーペット=もっとも危険な電化製品。電磁波の完全基準は1ミリガウス、電気カーペットは300ミリガウスの電磁波を出す。 体内のがん細胞増殖が24倍もスピードアップする恐れがあると報告されている ・リニア=リニア中央新幹線は、10兆円の建設費で着工しました。戦慄するのは乗客の電磁波被曝で安全基準の1万〜4万倍も浴びるのです ・高圧送電線=直下の家は24時間発癌電磁波を浴び続けています。室内の電磁波が10ミリガウスを超えたら引っ越しするべきだと指摘する学者も多いです ・電磁波と自殺=高圧線の付近に住んでいる人の自殺率は平均よりも4割も高い。それは神経ホルモンのセロトニン分泌が阻害されるからだそうです ・ハイブリッド車=最近のハイブリッド車はかなり軽減されてるようですが、やはりガソリン車と比べると電磁波が多いのが事実です。初期の頃はガソリン車と比べて3倍以上の電磁波が検出されました

調べて行くとキリがない位電磁波の弊害と言うのはたくさん出てきます

逆に電磁波が全く身体に影響がないと言う反論はないように思います

しかしどの記事も、どれぐらいの距離でどれぐらい被爆していたか?不明確であり必ずしも正しいとは言い切れない記事も多かったのは感想であります

結論から言うと私は肯定派ではなくやはり否定派です

確かに調べてみると書かれている記事にはオーバートーク的な恐怖心を煽るようなものも多かったです

しかし現実を見たときに全く身体に影響がないと言うのもおかしな話です

そんなことを考えたときに私は自社の製品である「整体融合型トリニティー 」を部屋中に撒いています

電子レンジの内部にも塗布しています

そうすることによって電磁波を軽減できるからです

ゼロにはできませんが少しでも減らせる状況が作れるのであれば、やってみる価値があると思います

興味ある方は是非お問い合わせください!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報