ブログ

やはり睡眠時間が7時間以上が健康には良いらしい

休暇中で宮古島に来ていますw

島野菜をたくさん食べて、海ではリラックスして、温泉に入って8時間以上グッスリと眠りました

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

日本人の睡眠時間は先進諸国で最も短いことが知られています

その時間は「平均睡眠時間 7時間22分」だそうですw

え〜そんなに長いのに世界最下位なの?と思ってしまったのは私だけでしょうか?

他の国では平均睡眠時間が8時間を超えている国が多かったです

最近の研究では平日の寝不足は認知症やうつのリスクにもつながりかねないと言われています

質の良いしっかりした睡眠時間を取るべきだと言われています

でも・・・その人にとって十分な睡眠時間とはバラバラだと私は思うのです

10時間寝ても足りないと言う人もいれば、5時間寝れば充分だと言うとおります

日中にたまった疲労や心身のダメージを回復するのに必要な睡眠時間を「必要睡眠時間」と言います

この必要睡眠時間には大きな個人差があると言われています

だから何時間が正しいと言う答えは出ないと言われてきました

しかし・・・最新の研究では

40億件の睡眠データが実証した睡眠時間とは?


今回発表されたのはフィットビットのビックデータと研究者が科学的に40億件の被験者からとった睡眠データをベースに弾き出した結果です

その結果、「7時間以上の睡眠は健康に良い影響与える」と言う結果でした

それと同時に「6時間以下の睡眠は徹夜するのと同じだった」と言う結果です

その内容は

睡眠時間が長くなると深い睡眠とレム睡眠が増えるものの、この2つの睡眠ステージを合わせた時間が占める割合は睡眠7〜8時間の際に最も高くなる。7時間以下の睡眠は、全体の睡眠時間に占める深い睡眠とレム睡眠の割合を低下させる。通常より早く起床する際には、夜の終わりが近づくにつれてレム睡眠の割合の影響を起こしやすい。睡眠が5時間以下になると、夜が始まる時間帯において深い睡眠の割合が低下する。深い睡眠には細胞再生やヒト成長ホルモンの分泌、朝の気持ちのリフレッシュなど様々な物理的プロセスにとって重要な要素となっている。人は無意識のうちに夜間に目覚めており、その状態は一晩あたり睡眠の10〜15%に相当する平均55分にも及んでいる。短時間の目覚めは健全な睡眠サイクルを構成する正常な要素である。

ようは、睡眠時間は7〜9時間必要ということが膨大なデータから分かったと言うことです

しかし、よく眠れないからといって睡眠導入薬や睡眠薬に頼ってはいけません

睡眠薬による眠りは、麻酔薬と同じなのです

海外では、副作用のリスクから使用が禁止されたり制限されているレベルの睡眠導入薬や睡眠薬が平気で処方されます

その睡眠薬を飲むことで避けられないのが副作用です

薬がないと眠れない、ふらつき、転倒、記憶が一時的になくなるなど・・・

興味のある方はこの本を読んでください⬇︎

どうしても眠れない場合は無理して寝る必要もないし、最近では昼寝の効果によって夜睡眠がしやすくなったと言うデータも出ています

それでもダメな時はぬるめのお風呂につかってで、「ビーワンオールインローション」を頭皮からたっぷり塗布してください

とても気持ちよくてリラックスできるのでその後睡眠がしやすいと言うお客様からの声がたくさん出ています

睡眠と言うことの重大さを考えたら安易に薬に対のではなく、自然にリラックスして睡眠に誘導してくれる様々な商品がありますのでそれらを試してみてはいかがでしょうか?

ぐっすりとよく寝ると本当に気分が爽やかです(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報