ブログ

アジアビューティーエキスポの二日間

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

4年に一度の美容の祭典「アジアビューティーエキスポ2018」に参加してきました

NBA(全国理美容製造者組合)を中心としての華やかな祭典です

全国から向上心のある美容師さんやディーラーさんが参加してくれました

理美容師さん専用のイベントなのですが、残念ながら参加されなかった弊社のお客様も多かったです

昨今、理美容はものすごいスピードで変化し続けてます

変化に対応できないのであれば生き残れないと私は思います

その最先端の情報は自らが取りに行くべきだと私は思います

広島からや北海道からも参加された美容師さんもおりました

アレルギーの起こりにくいヘアカラー「グロス染料」や新たな「HC染料」など、様々な新世代の商材も開発されています

4年前と何が違うのか?


4年前はお客として参加させていただきました

今回出展者のお手伝いとして関わらさせていただき、他のブース等も見る中で感じるのはSNSの対応でした

4年前は全くなかったですね声の対応が、各ナショナルメーカーさんがこぞってInstagramやFacebookへの投稿を即してしていたことです

Instagramに投稿すると無料サンプルがもらえたり、独自のSNS用のブースが設けられたりもしていました

どんどん発信して広めてください!といった感じです

本当に4年前はどのメーカーさんもその部分はほとんど行っていなかったのが事実です

たった4年しか経ってないんですが、状況はかなり変わっていると感じます

商品に関しては各メーカーさんが次世代の開発に必死になっていることが感じられます

ヘアーショウに関しては、国内トップレベルのヘアー&メイクスタイリストが華やかなショウ繰り広げていました

その中で1番やはりインパクトあったのが、アピッシュの坂巻哲也さんです

クリエイティブなお仕事をされる美容師である以前に人として考え方が非常にニュートラルでまとまった方だと思います

常に美容師はスクラップ&ビルドを繰り返さなければいけないと発していました

1番の敵はもしかして「飽きる」事かも知れませんね

あきさせないためには、常にトレンドではなく自分自身が変化し続けなければならないと言うことだと思いました

他にも素晴らしいスタイリストさんはたくさんいて、すばらしい刺激を与えてくれるイベントになったと思います

もう一つびっくりしたのがアジアからの参加されている美容師さんが多かったことです

日本の美容師さんは、言い方は悪いですがメジャーなメーカーが良い商品を作り、小さいメーカーは大したもの作らないと思い込んでいます

内情知ってる私は全く逆だと言うことを知っています

パブリックメーカーは消して髪の毛を良くする商品を作りません

絶対に作りません!

そんな洗脳されているディーラーさんや美容師さんはきっとアジアの方々に数年後には越される可能性があります

アジア圏内の美容師さんは、真剣に必死に素晴らしい商品を求めて来日しています

本当に素晴らしいものがあるのであれば本国で使いたい、広めたいと思う一心なので質問も真剣です

しかし国内の美容師さんはほとんどが「偵察」と言う形でしかイベントに参加していません

それでは本当に得れるものが得るなくなると私は思っています

そんなことを強く感じさせていただいた二日間のイベントでした

世の中には髪の毛を本当によくする商品があることを知っていただきたいと思います

メジャーなメーカーや大きなディーラーが扱っているわけではありませんが、確かに存在していることが事実です

後は自分の目で確かめたら良いだけなのですが、それすら確認しないのであれば一生涯ナショナルメーカーに騙し続けられるのが良いと思います

ちょっと辛口のブログになりますが真実を語りました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報