ブログ

エクスマ塾88期 2回目の合宿を終えて

img_9828

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団長こと鳥辺康則です。

昨日エクスマ塾東京88期の 2回目の合宿を終えました。

正直睡眠時間は1〜2時間でしたが、なんとも心地よい気持ちの中で終了しました。

今回のテーマはSNS等の発信ではなく、自分の「天命」を考えてみる。
藤村正宏(スコット)が言った一言が非常に心に残っています。

「どんな人もその人にしかできないことをする為に生まれてきている!」

他の人のために自分しかできないことってなんだろう?
「天命」ってなんだろう?

答えは出ませんでした。しかし真剣に外の景色や雲を見ながら考えた30分間は自分にとって非常に意味のある時間だったと思います。

そして次に行われたプログラムが「他者紹介」と言うものです。

???「自己紹介」は聞いたことがありますが、「他者紹介」って何?

チームに分かれて順番を決めて、自分ではない仲間の1人のことを紹介すると言うプログラムです。

それも10分間と言う時間を使って仲間を紹介するのです。

自己紹介は自分自身の事ですから、自分のことを1番よく知っているのはやはり自分!

仲間を人前でで10分間紹介すると言うのは、すごくその仲間を知らなければ出来ない!

出身地、資格、学歴、経歴
親から受けた影響、どんな子供だったか
何が好きで何が嫌いか、得意な事苦手な事、仕事への想い、やりがい、人からよく言われること・・・・

基礎情報としてたくさんのことを知らなければいけません。

そして情報を知っただけでは発表できません。

「編集」が大切だということを学びました。

その時なぜそのような決断をしたの?
なぜそのことが好きになったの?
など本当に一つ一つのことを掘り下げて聞いていてその人に興味を持ち耳を傾け「情報」を丁重に聞いてきました。

その聞いた「情報」を「編集」したのです。

序・破・急という順番で発表するためにシナリオを考えました。

まずは導入口である「序」です。最初に発表する仲間に興味を持ってもらわなければ話がつまらないものになります。つかみのキャッチみたいなもんですね。

そして「破」である経歴や思いやその方の考えなどを発表し、「急」でまとめに入ります。

そしてシナリオ作ったとは、ひたすら練習、練習、練習、練習です。

練習なくして人前でうまく発表するなんかあり得ません。

もちろん本番前は緊張しましすし、パニックにもなります(笑)

やってみての感想は!

人のことを知るって凄い大切!本当に何時間もかけてその人のことを知り理解し感情を入れていくと、大好きになります。

どんな人にも悩みがあり、苦しみがあり、喜びがある。
全ての人が一人ひとりのドラマを持っており、そのドラマは壮大なものである。

それを知ったときに本当に心から深い関係性と感情が生まれてきました。

人を知るって本当に大切!

最後のまとめでスコットは「本当に自分が苦手と思う人や嫌いな人でも、その人のことを知ると不思議に好きになってくる」

どんな人にも壮大なドラマがある!
だからこそどんな人にもその人にしかない「価値」がある。

あなたの価値はあなたの中にある!

心から一人ひとりに「価値」があると言うことを気づかさしてくれた内容のセミナーでした。

エクスマ塾88期の仲間、アシスタントの皆さま、藤村先生ありがとうございました

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報