ブログ

カレーは健康食しかし「市販のルー」は粗悪・・・

昨日鳥取県倉吉市で講習会がありました

始まる前にお客様と一緒にランチをすることになり、勧められたお店がおいしいカレーの店でしたw

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

こだわりの本格カレーの店「てけてけ」さんですw

手作りで数種類のスパイスを使い1から手間ひまかけて作っているカレーは絶品でした

食べたのは「目玉のおやじカレー」

大きなハンバーグに+目玉焼きがのったボリュームたっぷりのカレーでした

美味しかった(^◇^)

カレーはインドの伝統医学に基づいた健康食なのです


カレーはインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」に基づいた香辛料が多く使われ、一般的なカレーでも20から30種類のスパイスが使われています

漢方に通じる薬効がたくさんあるのです

体内に蓄積した脂肪熱に変えて肥満を抑える働きや、抗酸化作用もあります

血行を良くして代謝を促進してくれる働きもあります

発汗作用で新陳代謝を高め、食欲を増進させ、胃腸の働きを高め、疲労を回復するなどの効果を持っているとも言われています

殺菌作用も高く、食物の腐敗を防ぐ効果もあるそうです

つまり、身体を温めてくれて血行よくしてくれる健康食なのです

しかし・・・・

市販のカレーのルーは別物なので注意しましょう

市販のカレールーはその約8割が「トランス脂肪酸などの油脂」「小麦」で作られています

その他たくさんの食品添加物が使われているのが事実です

「植物油脂」などと表記されているものが多いですが、実際はコーン油・菜種油・大豆油・サラダオイルなどがあり、これらの多くは遺伝子組み換え由来原料の代表格なのです

そしてたくさんのトランス脂肪酸が含まれているのです

他にもカラメル色素・人工甘味料・調味料(アミノ酸等)・酸化防止剤(ビタミンC、E)などはすべて食品添加物なのです

つまり市販のルーのほとんどは、質の悪い油脂・食品添加物・遺伝子組み換え由来原料でできているのです

これってカレーとはいえませんよね(^◇^)

最近ではスパイスを買ってきて本格的なカレーを自宅で作る方々も増えてきてると思います

家庭内で本格的なカレーを作るには約5種類のスパイスがあればできるのです

・ターメリック(ウコン)

・クミン(クミンシード・クミンパウダー)

・コリアンダー(パクチー)

・カレー粉

・レッドチリパウダー

この5種類があれば簡単に家庭で手作りカレーができます

子供はカレー好きですからぜひ市販のルーを使わずに香辛料を使っての本格カレーを作って欲しいと思っています

もしくは小麦粉・油脂類を一切使用しない「果実と野菜の本格カレーペースト」がインターネットなどで買うことができます

興味ある方は下記をクリックしてみて下さい

http://min-voice.com/curry-paste-13164.html

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報