ブログ

コンビニのおにぎりは安全?

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

突然変異性を示す物質と発がん性を示す物質との間には、極めて高い相関関係があると考えられてます。突然変異性が認められた物質は、添加物としての開発は中止となり、次に予定されていた動物等による安全性試験は行いません。

化学調味料使用した魚や肉を焼くと焦げた部分がとても強い突然変異性を示す事は、かなり以前から知られています。
魚の焦げた部分を食べるとガンになるというのは都市伝説だ!言われる方も多いですが、因果関係も立証されてる部分もあります。

この研究から、グルタミン酸やトリプトファン等のアミノ酸が加熱された場合に、極めて強い突然変異性を示す物質が生じることが明らかになってます。

米国ではラットによる実験で大腸がんを起こすことが明らかになっている「へテロサイクリックアミン」が、焼いたチキンから検出され問題になっております。米国の医師6,000名がファーストフード店に抗議したことがニュースに流れました。

この物質は米保健福祉省が 2005年に発がん性物質に指定したものです。

アミノ酸を多く含む添加物は、表示を見れば分かります。「調味料(アミノ酸)」「調味料(アミノ酸等)」などで、「タンパク加水分解物」は法令上は添加物ではなく食品として扱われますが表示はされています。

その他のアミノ酸として、グリシンがあります。グリシンを摂取すると快眠できると言われており、安眠・快眠が得られると言われています。
3グラム飲むとよく眠れることが証明されております。

このグリシンは、おにぎりやお弁当に2.5?3%添加すると、微生物の繁殖を抑えることができます。

おにぎりやお弁当を100グラム食べると、グリシンが3グラム摂取されます。通常販売されてるおにぎりは100グラム前後ですので、お腹が膨れるだけでも眠たくなるのにその上グリシンが効果を表すと、 1番心配されている居眠りを誘発するとも言われてます。

私たちが食品添加物と接する上で注意すべき点は以下のように整理できます。

1、アミノ酸だから安全とは思わない
2、タンパク加水分解物だから安全とは思わない
3、化学調味料を使用した場合、揚げる・焼く・炙るなどの高温での調理はできるだけ避ける
4、化学調味料を使用している食品は、なるべく購入しないようにする
5、化学調味料使用した肉や魚の焦げに注意する
6、食品の表示をよく見るなどが挙げられます。

つまりは購入する側消費者が賢くならなければいけないと言う事です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報