ブログ

ジェットスター(LCC)の快適な使い方を教えます

ニセコ合宿セミナーが無事に終了しました

参加者の1人である、藤岡千里さんを新千歳空港へお見送りし、ジェットスター便に搭乗するお手伝いをさしてもらいました

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

今までジェットスターに100回以上乗ってる経験からお手伝いをさせてもらうことになったのです

ある程度時間に余裕があったので藤岡さんはお土産を買ったのですが・・・

搭乗するにあたり手荷物が4つになっていたのです

あの〜ジェットスターの場合機内持ち込み手荷物は2個までで、合計7キロまでです

と言ったら、そうだったの?〜とびっくりされました

LCCは飛行機料金は安いのですが独自のルールがたくさんあるのです

今回その独自のルールをまだまだ知らない方がいるみたいなのでブログに書くことにしました

1: とにかく時間に余裕を持ってお出かけください


LCCは原則的に搭乗手続き(チェックインカウンター)の締め切りがかなり早めです

初心者はフライト時間の2時間前には空港に行った方が良いと思います

基本的には搭乗時間の40分前には完全に締め切られてしまいます

手荷物預かりのある方は少なくとも搭乗時間の1時間以上前には空港に着いてないとダメなのです

飛行機代が安いだけになってグランドスタッフの数が少ないのです

手荷物預けのラインには長蛇の列ができる場合が多いです

原則的に私は手荷物を預けることを勧めません

手荷物預がない場合はチェックインカウンターに並ぶ必要なく機械で発券してください

何度も時間が締め切られ搭乗できず泣いてる人を見てきました

又、手荷物を預けないとしても各空港の1番隅っこの搭乗口だったり、LCC専用ターミナルだったりするので非常に歩いて時間がかかります

ちなみに新千歳空港では搭乗口Fでしかジェットスターは受け付けてくれません

違う搭乗口で長蛇の列に並びその後、F搭乗口へ行くように言われて2度手間・3度手間になってる人をたくさん見ます

成田空港ではLCC専用ターミナルになるのですが、モノレールやJRで行った場合第2ターミナルで降りて専用バスや徒歩で歩くことになります

第2ターミナルから第3ターミナルまでは、歩いて20分ぐらいかかりますのでとにかく時間に余裕を持ってください

バスを使ったとしても20分かかると思ってください

LCCは基本的に時間に厳しく絶対に待ってくれないので多くの方々が搭乗できずに涙を流しています

2: 機内持ち込み荷物の数と重さに注意です


先に書いた通りLCCに乗る場合には基本的に手荷物預かりをお勧めしません

手荷物預は事前の予約時にオーダーすると安いのですが、重量がオーバーしており当日キロ数を変更するとかなり高額な料金を取られます

さらにそのことが原因で時間に間に合わなくなり搭乗できなくなった人もたくさん見ています

機内持ち込みの手荷物にも独自のルールがあります

それは、機内持ち込み荷物は小さなものを2つまで!総重量が7キロ以内!なんです

結構このルールには厳しいので何人もの人が涙を流してるのを見ています

多いのがお土産を買ってしまうことです

どんな理由があっても荷物は2つなのです

小さいポーチやハンドバックでもだめです

1番ミスを見るのが搭乗口検査場を通過した後にお土産を買ってしまうことです

そのお土産がカバンの中に入らなければアウトになります

重量制限も結構厳しいです

僕ですら4回ほど重量制限に引っかかりました

その時の緊急対応は・・・

とにかく身に付けていれば荷物とされないので、ポッケの中に入るものは全部入れ洋服は7枚重ね着をしました

絶対に真似しないでね(笑)

もし重量オーバーしてる場合はその場で手荷物預け処理をされます

この時取られる料金がとてつもなく高いので注意してください

3: スタッフ対応や独自のルールは承知してください


LCCは実際飛行機料金が安いだけに、その他全て細かいところは課金制になります

ブランケット1枚もお金を払わないと貸してくれませんし、機内の飲み物は全て有料です

さらに、機内で持ち込んでアルコールを飲むことができません

アルコールを飲みたい方はあくまでも機内で買わないといけないのです

安いだけあってこういった細かい収入がLCCにとって大きな収入源になっているのです

さらに機内誌など勝手に持っていかないでください

スタッフの対応もJALやANAと比べないでください

グランドスタッフの数が少ない上に独自のルールを把握してないお客さんが多いため、大変あたふたしています

態度が悪い!などと怒ってもしょうがないのです

他にも、乗り継ぎの場合対応してくれない場合も多いです

ジェットスターの発券は原則的に国内便は2時間前から、国際便は3時間前からです

ですから新千歳-成田、成田-那覇みたいに乗り継ぐ場合には、成田-那覇便は新千歳空港では発券できないと言うことです

一旦成田で外に出て、もう一度発券手続きをして搭乗口へ向かう必要があります

もしそれが嫌なのであればデジタルチェックインをお勧めします

手荷物預のない方はスマートフォンでデジタルチェックインができます

それをするといちいち乗り継ぎの時に外に出る必要ありません

実は今日もジェットスターに2回乗る予定です

LCCの中でも私はジェットスターが1番好きです

最初の頃は飛行機が飛ばないことも多く、遅れることも多かったのですが最近はほんとに少なくなりました

ぜひこのことを参考に積極的にジェットスターを使って旅をされてみてはいかがでしょうか?

2000円以内で行けるキャンペーンなどもたくさんあります

海外でも1万円以下で行けるチケットもたくさんあります

ぜひご参考になればと思ってブログを書きました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報