ブログ

ダメージ毛が良くなる「くせ毛専用カラー」は凄い!

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

久しぶりの美容師さん向けのブログになります

先日アジアビューティーエキスポ(ABE)にて、株式会社ゴッホスタイリングさんのブース出展に参加さしていただきました

こちらのブースでは、業界初!今までになってなかった⁈「くせ毛専用カラー」こと、ゴッホヘアカラーを紹介させていただきました

未だに大きな会社さんが作るものは良いもので小さな会社が作るものは大した事がないモノ!

そんなレッテルを貼られるこの業界の中で、

髪を絶対に傷めない!」「傷んだ髪の毛を良くする!」とゆう使命の中から生まれた小さな会社の商品がそのことに共振共鳴する美容師さん達に大人気でした

全ては髪を良くする!がコンセプト


コチラの会社さんが作るものは全てコンセプトが1つです

それは「髪の治療」=「トリートメント」と言うことです

トリートメントとは歯科医の中の専門用語で「治療」という意味です

つまりは根本から治療して直すと言う意味なのです

しかし美容業界でトリートメントと言うと、大量のオイルでごまかす、大量のジメジコン(シリコン)でごまかすことが多いのです

つまり根本的な治療ではなく、整形手術をしてごまかしてるような感覚なんです

しかし、株式会社ゴッホスタイリングの商品は違います!

実際、くせ毛専用カラーにしても色のつくトリートメントとして捉えています

シャンプー1つにしても、洗えるトリートメント

パーマにしても、カールのつくトリートメント

と一貫して髪の毛の根本治療を目指しています

絶対に髪の毛を傷めないと表現しましたが、正直に言うと嘘でもあります

中学生みたいなバージン毛に対してヘアカラーをすると髪の毛は傷みます

しかし昨今の女性はすでにヘアカラーやパーマ等で髪の毛が傷んででおり、ダメージのある方がいちど施術をすると必ず仕上がった時の方が髪の毛が良くなっているのは事実です

ヘアカラーをした方が髪の毛が良くなる

シャンプーを繰り返してやったほうが髪の毛が良くなる

信じられない方は一度テスターがあるので購入して自分の目で確かめてみてください!

ポイントは毛髪内部内の水分が十分にであり、その水分がきちっとそこに留まっておくことが重要です

それが可能にできるのであれば髪の毛は変化していくのです

例えば1人のダメージものお客様を対象に、1週間毎日その方にヘアカラーをしたらどうでしょうか?

今日よりも明日、明日よりも明後日必ず髪の毛が良くなっていることを実感していただける事と思います

そんな商品はない!とたまに罵声を浴びさせられますが、事実目の前にあるので後はご自身でお確かめ下さい

小さな会社ですが、本当に使命感を持って世の中からダメージで悩む女性をなくしたいと思って研究開発しているのです

美容師さんの感覚が分からない


ゴッホヘアカラーのサロン内臨店を何度となくさせていただいてきましたが、たまに美容師さんの感覚が分からなくなることがあります

仕上がりに対して絶対的に自信がある私たちですが、仕上がった結果に対して私はこのように質問します

「この仕上がり以上の結果がでるモノがあったら紹介してください!」

質問に対してすべての美容師さんの答えは、

「今まで見たヘアカラーの中で1番結果が良い!」です

しかし、これ以上の仕上がりを見たことない!本当に髪の毛がどんどんよくなっていく!と実感してるにもかかわらず、導入しない美容師さんがいるのです

普通だったら次の日からでもすぐ全てのお客さんにやってあげたい!このヘアカラーからだったら全てのお客様が喜んでいただける!と思うと思っていましたが違うのです

明日の営業から、傷んででもかまわないヘアカラーで営業すると言っているのです

え〜信じられない!

その美容室に行ってるお客さんがかわいそうでありません

導入しない理由に、手間がかかるはありません!

ゴッホヘアカラーの場合、前処置があるわけでもなければ、後処置があるわけでもありません

通常ヘアカラーは1剤と2剤を混ぜ合わせて施術をおこないます

ゴッホヘアカラーの場合は、1剤・2剤・3剤のトリートメントを1:1:1で、混合してやっていくだけの極めてシンプルな施術内容です

時間もかからず、手間も全くかかりません

では、なぜ導入しないのでしょうか?

1つはコストが少しかかることです!つまり原材料費が少し高くなると言うことなのです

これに対してはゴッホヘアカラーの料金設定や導入時のアドバイスなどを丁重にさしてもらっています

もう一つは色のことを言われる方がいます

これは正直言ってプロである美容師さんなのですから、色が少し暗いと思ったらワントーン明るい色を使ったり、白髪の入りが甘いと思ったら色素の濃いものを少し足せばいいだけなんです

つまりそこは美容師さん側がプロなのでいくらでも調整可能だということです

それが面倒だと言う方は不向きかも知れませんね

つまりは髪の毛を傷めたくない、髪の毛を良くしたいと思っていない美容師さんもいると言うことなのです

そこに通われているお客さんのことを考えると残念で仕方がありません

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報