ブログ

チョット気になる「中国産薬品」の実態とは?

日本では食べ物の産地を気にする人が多いと思います

中国産の野菜や果物は買いたくない!って言うのが本音かもしれません

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

しかし中国からの輸入野菜や食品は年々増えているのです

多くは惣菜や加工食品などに使われています

しかしもっと気をつけなければいけないのが、今飲んでいる薬が国産かどうかと言うことです

日本の医薬品輸入量は年々増えています

2007年は輸入額が約1兆円だったのに対して2017年には約2兆円にまで跳ね上がっています

多くの海外産医薬品が日本に出回る中、医療業界で危険視されているのが「中国製薬品」です

中国産の医薬品や原薬がどれほど日本に流出してるのか?厚生労働省医薬品審査管理課の担当者に聞いてみました

日本の製薬企業は、膨大な数の中国産医薬品や原料を厚生省に医薬承認申請していて、その総量や総品数は厚労省では把握していません。実際に流通する医薬品で多いのは、中国の製造工場で箱詰め前まで製造して、日本の工場でパッケージするケースです。

え〜外海は日本製、中身は中国製の医薬品がたくさんあると言うことです

結構ヤバイ「中国産医薬品」の実情がある


中国では大手製薬会社が下水道の油で抗生物質の原料を製造していたことが発覚したり、大量の抗生物質を投与された豚の腸から摘出した原薬が使用されたりしています

ある意味怖いのが中国企業です

中国産ダイエットサプリメントに認可外の抗うつ薬が含まれていたり、ED薬の中身が糖尿病治療薬だったり、育毛剤に農薬成分が入っていたりします

中国産が怖いからといってタイやインド産を好む人もいますが実はそれらの薬の原薬は中国製なのです

特に中国産の原薬が多いのが「ジェネリック医薬品」です

中国に5000〜6000社ある製薬会社はほとんどがジェネリック医薬品をメインに製造しています

ジェネリックとは、大手製薬メーカーなどが製造販売する「先発薬」の特許が切れた後に発売される「後発薬」のことです

価格の安さが最大のメリットであります

ジェネリック医薬品は先発薬と主成分が同じだけで、それ以外の添加物や薬の形状、品質管理などメーカーによってばらつきが大きいのが問題視されています

現在、国は医療費削減のためジェネリック医薬品の使用を推進し、2020年9月までに使用割合80%の到達目標としています

そのジェネリック医薬品の多くが中国産と言うことです

国内でパッケージされているので見分けることができません

同じ成分の薬でも、成分の溶け出すスピードが速くて効きすぎたり、副作用が出るなどのリスクがあります

ヤバイ!真実ですよね〜

ただでさえも私は薬を服用することを反対する1人です

しかしどうしても飲まなきゃいけないお薬があるとしたら中国産だけは避けた方が良いみたいです

ただし、どれが中国産かはわからないのが現状です

自分や家族の健康は国も企業も守ってくれません

自らが正しい決断をして、薬を飲まなくて良い人生を送ることをお勧めします

病気になってから考えるのではなく、病気になる前に「未病」時から身体のことを常に考えなければいけないと思っています

生命を輝かせ、本来あるべき姿に戻すエネルギー商品を数多く扱っています

ご興味ある方はお問い合わせ下さい(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報