ブログ

バカ売れしている日産ノート

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

NBAのメガトレンドでも最初にきている、「環境問題に取り組む企業・会社」がキーワード。

逆に言うと、「どんな業種」「どんな会社」でも現状の環境問題を無視しての取り組みは絶対に支持されない時代と言えるでしょう。

そんな中今バカ売れしているのか、日産自動車のノートと言う車です。

2016年11月2日にマイナーチェンジを発表した新型ノートは、発売から7ヶ月で累計の100万台を突破したと言われております。

この新型ノートは、新しい電動パワートレイン「e-POWER」を搭載しております。
2017年3月には24万4383台を記録し、歴代モデル含めた過去最高となりました。

日産は早くから電気自動車の開発に取り組み数年前にいち早く業界に100%の電気自動車「リーフ」を投入いたしました。

しかしパンフレットにはフル充電したリーフは約200キロ近く走ると言われていますが、実質フル充電して走ってみると約80キロから120キロ地点で充電した電気が0になることも多々あるということです。

つまり走り方やスピード、様々な外部環境により言われているほど走行距離が伸ばせなかったのが現実です。

そのあるし敗因から今回の「ノート」が生まれたと言われます。

e-POWERのノートは、走りながら同時に充電していると言うつまり、充電所を見つけなくても走ってたいれば自動充電してくれると言う画期的なシステムなのです。

この技術により電気自動車が飛躍的に注目を浴び、購買動機になったと言えます。

排気ガスを一切出さない次世代型電気自動車。なぜ支持されるのか?なぜこれほどまで売れるのか?その消費者心理は「時流」とも関係してるといえます。

冒頭に書いた通り、どんな業種も、どんな業界も、どんな会社も、環境問題を無視しては今の時代支持されません。

逆に言うと積極的に環境問題に取り組む企業は今後ますます支持されると断言できます。

美容業界だけ環境問題は関係ないと本当に言い切れるでしょうか?

髪のダメージ、お客様の接客、極力優しい薬剤を選ぶなど様々あると思いますが、本当に取り組まれたいけないのが汚れた環境をきれいにする、浄化するそんな商品があると言うことを知ることだと思います。

環境に優しい、環境に配慮しているそんな商品は世の中たくさんあります。

しかしヘドロだらけの腐った環境本当に浄化する本物商品はわずかしかありません。

そんな環境浄化商品もし興味あれば弊社にお問い合わせください。人知を超えた結果、高次元の科学、ありえないすべての結果をお見せいたします。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報