ブログ

ビールは値上がり or 値下がり?

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

2017年度「税制改正大網」で ビールの段階的な減税が決まり、ヤッターと喜んだのは数ヶ月前のこと。

しかし、近くの「ドンキホーテ」へ行くと ビールが山の様に積まれおりこんな表示が、

「6月からビール・発泡酒・新ジャンルの6缶パックが値上がり致します?? まとめ買いするなら今がラストチャンス??」

事情を聴くと、値上げの背景には国税庁の意向があるらしいです。

国税庁は6月から施行する「酒税法等一部改正法」に基づき、「酒類の公正な取引に関する基準」を改めたらしい。

コレは、酒類に関して昔からある「リベート」の習慣にあるとのこと。

この制度がある為に、小売店は過度な価格競争を仕掛けたりします。
赤字覚悟の価格でも、バンバン売って大量に売る。
それでは利益は出ないものの、メーカーからの「リベート」があるので、そこで帳尻を合わせると言う考え。

一軒がその様なセールをすると、顧客を取られない為に他店もマネをする。

その価格競争が過度に行き過ぎているとのことで、国税庁が動いた。

6月から適用される新基準によって、小売店は仕入れ原価に人件費や光熱費などの販管費を加えた総販売原価を下回る価格で酒類を販売出来なくなる。

メーカー側にも「リベート」の支払い基準の厳格化を指示した。

これに違反すると「酒類販売免許」が取り消される罰則もあり、かなり本気です。

しかしコレラ一連のことは、酒類販売だけの話ではない。

美容業界でも、メーカーとディーラー間での「リベート」は今でもあり、大手ディーラーは過度に価格の値下げ、添付率の高騰を仕掛けたりしている。

美容室側も仕入れが10%や20%下がるのであれば!とそこに乗っかる。

地域ディーラーさんや個人ディーラーさんは、その過度なやり取りに巻き込まれて、廃業や倒産、大手ディーラーの傘下になるなどの選択を余儀なくされる。

不透明な「リベート」という制度はいつまで続けるつもりなのだろう?

そんなことに振り回されずに、適正価格の土俵の上で全員が勝負をして欲しいと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報