ブログ

ヘッドスパ講習会を和歌山で開催いたしました

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です。

先日和歌山市でヘッドスパ講習会を開催いたしました。

技術講師は三重県の「濱口奈央さん」。

彼女は美容専門誌「Ocappa」(おかっぱ)ヘッドスパコンテストで日本一に輝いた経歴のある、予約の取れないスパリストさんなんです。

話を聞くとこのヘッドスパコンテストは非常に面白い試みなのです。普通のカットコンテストやワインディングコンテストとは違い、一斉に技術を行うわけでは無いのです。

それは完全にトーナメント制!

1人のモデルに対し2人の技術者が施術をし、気持ちが良くスッキリした方が次のステージに進む方式なのです。

そしてこのモデルになる方々が実に面白い。

東京で超有名なヘッドスパサロンを経営するオーナーだったり、カリスマ美容師だったり、専門知識を全く知らない一般の芸能人だったりします。

つまり専門知識のあるプロから見た善し悪しと、消費者から感じる善し悪しをミックスしながらトーナメントを勝ち残って行かなくてはならないので、かなりハードルは高いコンテストなのです。

そしてそのコンテストで日本一になる事はとてもステータスがあります。

名実ともに本当にすごい日本一の美容師さんなのです。

今、美容業界でとかく言われているのが「人時生産性」です。

私の大嫌いなロジック的な考えです。

美容師一人あたりが1時間に幾らかせげるか?という内容のものなのです。

この人時生産性を上げるのに最も効果的な事は、

1位 : 店販です。店販は実質時間はレジを打っている時間しかかからないので生産性が上がります。

2位 : ヘッドスパなのです。ヘッドスパは技術的にアシスタントの子でも習得しやすくデビューしやすいのです。

しかし巷のサロンさんではうまくいかなかった例が多発しています!

それは、ヘッドスパメニューがなかなか定着しないので料金を下げてしまうことなのです。1番良くないのがカット料金よりも安くしたサロンは絶対にうまくいっていません。

もう一つは、メーカーさんが商品を売る目的だけで教える中途半端なヘッドスパ技術に問題があります。

もちろん今回も「ヴィーダフル」という素晴らしいメーカーさんの商品を使います。

優れた浸透性を誇る「姫路の天然水」をベースとして「フルボ酸」を配合したスパ専用のローションです。

しかし、「ヴィーダフル」は特定のスパ技術を持っていません。つまり商品を売るための技術講習会ではないと言うことです。

彼女のヘッドスパは循環器等の機械を一切使いません。

明日から取り入れられる具体的なヘッドスパ技術を教えてくれます。

1つは美容室のセット面の椅子に座りスタンディング状態で行うヘッドスパ。

もう一つはシャンプー台で行うヘッドスパです。

循環器が悪いとかでは無く、なくても行える技術講習内容だったのです。

もちろん循環器があればもっと良いですよね。

ますばヘッドスパを導入したときのお客様のメリットとサロン側のメリットお話です。

お客様のメリットとしては、

  1. 髪がキレイになる
  2. 眠れない人が眠れるようになる
  3. むくみが取れる
  4. 視界がクリアになる
  5. 冷え性の改善
  6. 疲れが取れてスッキリした
  7. 頭皮のニオイ改善
  8. 偏頭痛の改善

これらは全て実際にお客さんから頂いた声です。

次にお店側のメリットは、

  1. 客単価アップ
  2. リピート率の上昇
  3. 独自性

などが挙げられます。

あくまでもこれらは「濱口奈央」さんが行うヘッドスパのケースです。

メーカーさんの提案するありきたりのスパではこのような結果は出にくいです。

なぜならば、誰でも真似をできるからなのです。

コモディティ化しやすいからです。

圧倒的な価値は商品に宿るのではなく、その「人」に宿ります。

実際に受講した美容師さんの声としては、

「ヘッドスパの固定概念が覆された!」

「今までのヘッドスパは本当に気持ちよくなかったことに気づきました!」

「メーカーさんの商品を使うためのヘッドスパにはない究極の技術です!」

たど多数でした(^◇^)

ところが私が最も伝えたかった事は、彼女の目に見えない部分なのです。

彼女はお客様をヘッドスパする時には、常に気持ちが良いか?不快がないか?考えます。

お客様の呼吸のペースと自分を合わせてペーシングしたり、触る一つの行為ですが本当に心がこもっています。

そうなんです!

彼女の価値は、目に見えないお客さんへの想いだったり、考えだったり、そのための訓練だったり、癒してあげたいと言う一つ一つの行為なのです。

私は一気に大ファンになりました!

彼女は再現性のできない唯一無二のヘッドスパリストと判明しました。

ではセミナーをしても意味がないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、その彼女の見えない部分の思いや考え方、そして日本一の技術に触れることにより、ま違いなく明日からのサロンのヘッドスパがメニューは変化するのです。

その中で学ぶべき事は、彼女のようになる!と言うことではなく、あなたにしかない唯一無二のヘッドスパを完成させることなのです。

再現性がない唯一無二のヘッドスパはあなたにしかできません。

今回のセミナーの中でヒントとして学んでほしいと思いました。

また全国各地で「濱口奈央」さんのセミナーは開催していきますので興味ある方は弊社までお問い合わせください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報