ブログ

世界自然遺産全体の4分の1が危機にさらされている

world-heritage

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団長こと鳥辺康則です。

海が大好きでたまに沖縄に行くこともあるのですが、沖縄の海も随分変わってきました。

原因はサンゴ礁の白化現象です。
海の中で酸素を発生させ海水をきれいにする役割を持つサンゴ礁がどんどん減るということは本当に心が痛みます。

サンゴ礁は生きてる生き物で、卵産んだりすることを当たり前だと思っていたら知らない人もたくさんいました(笑)

しかし今世界を見ると大変な事態になっています!
わずかここ3年で壊滅的な白化現象に見舞われたサンゴ礁は、「インド洋のアルダブラ環礁」「太平洋のベリーズ柵珊瑚礁保護区」そして世界最大の希望誇るオーストラリアの「グレートバリアリーフ」の三カ所なのです。

更に、地球温暖化などの気象変動によって、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産の4分の1が危機にさらされており、その件数は3年前に比べてほぼ倍になったとする報告が発表されています。

報告書によると、サンゴ礁、氷河、湿原といった世界自然遺産の家危機にさらされた遺産の数は2014年の35ヶ所から62ヶ所へと増えているのです。

その中でも地球温暖化によって最も脅威にさらされているのは、白化現象に見舞われている参考書だといえます。

インガー・アンダーセンIUCN事務局長は「気候変動は急速に進んでおり、我々の価値の最も素晴らしい宝物に対しても容赦しない」と語り、危険にさらされている遺産の数は今後も増えていく可能性があると示唆しています。

化学物質が世の中に登場してわずか200年近く!
60 億年の月日をかけて我々が住んでいる聖なる地球は誕生してきました。

人間の力では作り出せない大自然!その最も美しい大自然が今壊されて言ってるのです。たったこの100年余りで!

大量の化学物質や温室効果ガス等の影響で今地球は待ったなしの状態を余儀なくされています。

アンダーセン氏は「気候変動が我々の自然遺産に与える被害の規模とペースは、パリ協定を実行するために国レベルでの敏速で野心的な関与と行動が必要であることも明確に示すもの」だと訴えています。

我々が取り扱っている商品はの特徴は、
⑴ すべての化学物質を活かす
⑵ すべての化学物質のバランスを取る
⑶ 流す廃液が地球環境浄化する です。

私は化学物質を否定いたしません。

少しばかりバランスが崩れているのでそれを整えながら使用することをお勧めしています。

その結果美しくなったり健康になったりして、さらに環境浄化も実現します。

その結果今沖縄の1部の島ではサンゴ礁が復活してきています。

うそのような話ですか事実です!

すべてのものには愛が宿っています。ちょっとだけそのバランスを取ることを意識してみませんか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報