ブログ

久々にカップラーメンを食べて思うこと!

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

久々にカップラーメンを食べて思いっきり胃がもたれました(笑)おいしかったんですが・・・

その時思い出したのが、昔仕事上のお付き合いで何度か講演会にお呼びさせてもらった「食品の裏側」の著者である「安倍 司氏」である。

講演会では 20種類以上の「粉」(食品添加物)を使いいろいろな食べ物を再現してくれました。

何種類かの粉を混ぜてC.C.Lemonを作ったり、豚骨スープを作ったり、松茸のお吸い物作ったり、いくらを作ったりしました。そして作ったそれぞれのものを試食試飲さしてもらうと、なんとその通りの味になったのです。

数種類の粉をミックスだけでどんな味も作れますよ!と聞いた時はびっくりしました。

実はインスタントラーメンのスープも食品添加物だけでできているのです。
醤油・味噌・とんこつ味と書いてあっても一切天然素材は使われておらず、10種類以上の「白い粉」=オール食品添加物だけで作られているのです。

裏の表示に「しょうゆ粉末」「〇〇パウダー」「〇〇エキス」と書いてあっても天然素材ではなく白い粉なのです。

つまりはスープと言うよりも化学物質だけの液体なのです。

不気味なのは、メーカー独自の調味料、漂白剤、凝固剤、酸化防止剤、PH調整剤、合成着色料、香料の多さです。
もう一口飲みたくなるよう、さっぱりとした後味にするために酸味料、とろみをつけるなら増粘多糖類もはいります。

さらに、最近では「紙容器」が主流になったので少しほっとしていますが、少し前まではカップラーメンのほとんどが発砲スチロール容器でした。

お湯を注ぐとカップラーメンの発砲スチロール容器から「スチレン」と言う発がん性物質が溶けでていたのです。

「スチレン」をラットに吸入させた実験では、乳がんや白血病が生じました。また欧米のプラスチック工場では、長年スチレンを吸入した労働者が白血病やリンパ腫が多発したことが知られています。

このことを長年メーカーサイドは知っていたのですが実際「紙容器」に変更したのはほんの数年前です。

カップラーメンを食べながらこのブログを書いているのですが、なんか気持ち悪くなってきたので終了いたします(笑)

それでも私もカップラーメンを食べるので、その時には必ず体の外にデトックスできる健康補助食品を同時に必ず飲みます。

皆さんもカップラーメン好きであればそのようなでデトックスできる商品と一緒に食べることをおすすめします。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

  • 登録されている記事はございません。

キャンペーン情報