ブログ

久しぶりの均一料金の回転スシ屋さんへGO!

IMG_1939

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団
団長こと鳥辺康則です。

先週末に家族で均一料金の回転寿司屋さんに行ってきました。

なかなか回転寿司屋さん来る事は無いのですが、子供達の要望もあり今回来ることになりました。
なぜ来ないかと言うと、私の中ではいまだに均一料金回転寿司の魚のネタが信じられないからです。

今では少なくかったといえども、食べ放題のお店、安いお惣菜屋さんなどに並べられているお寿司ネタの中には、添加物を投与された加工品の魚のネタがいまだにあるのは事実です。

一時期注目された肉に油脂を注入した「加工肉」はいまだに大量に世の中に出回ってますが、同じようなことが魚にも適用されています。

それがスーパーでお買い得価格で売られている「トロ」などです。
売られているトロのほとんどは本物ですが、中には普通の魚に水でといた軟化調味料(ペーハー調整剤を始め何種類もの添加物を混ぜ合わせたもの)を注射して脂がのった食感の「偽物トロ」があるのです。

回転寿司店の「ネギトロ」や「人工イクラ」にも私たちの体をじわじわとむしばんでいく添加物がたっぷり入っています。

回転寿司店のネギトロは、廃棄同然のクズ魚に大量の添加物とトランス脂肪酸たっぷりの豚のラードやショートニング、そして赤い着色料を投入して作り出した食品メーカーの自信作なのです。

人工イクラには「クズ」すらも使われずアルギン酸ナトリウム、カラギーナン、ベクチンなどの添加物のオンパレードなのです、

また安価な魚のほとんどは養殖魚で 駆除剤や病気を防ぐための抗生物質・抗菌剤が過剰に使用されているのも事実です。

食品に含まれる添加物について食品メーカーは口を揃えて「害は無い」と言います。

指定添加物に関しては動物実験で発がん性試験や催奇形性試験が行われ、そのデータから私たちが添加物を毎日食べ続けたとしても健康への影響が見られない量を設定しているからです。

しかし、多くの添加物を同時に取った場合の相互反応や長期にわたる摂取についての実験はほとんど行われていません。

今まであなたが知らず知らずに摂取していた添加物に、ある日突然強い毒性が発見され使用禁止になる事は過去何度も起きているのです。

その他にもマイクロビーズの問題、放射線汚染の問題、など様々問題は蓄積されてるみたいですが一般的に養殖魚よりは天然魚と言われます。

海が汚染されてる今 安全な魚はもしかするとないかもしれません!

一般的には回遊魚の方が群れで移動して化学物質に汚染されにくいといわれています。
アジ、イワシ、サケ、サバ、サンマ、タラ、マグロ、ブリなどです。

湾内や沿岸で取れる近海魚は、工場排水、農薬、ダイオキシン、環境ホルモン、化学薬品などが生物濃縮により魚の体内にとどまっている可能性が高いと言われています。

私からしてみればどっちもどっちだと思いますけども。

調べていくとキリがないくらい問題は蓄積しています。
私は魚が大好きなので、積極的に食べます。

しかしこのような問題が多くある中で子供に安心安全に食べていただくために、よく洗い・ウロコ、エラ、はらわたは切り落とし、ときには湯通しする場合もあります。

もちろんそれでは全然完璧ではないので、同時に悪いものを体外に出せるデトックス商品を摂取します。

自分の健康は自分で守る時代です!
実際回転寿司に行って見てみると非常においしかったです。
いやびっくりするぐらいおいしかったです。

ですから全てを否定するのではなく美味しくいただきながら体の中の悪いものはデトックスすると言う習慣を持ちたいものですね。

ごちそうさまでした(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報