ブログ

二女にメガネが必要になりました(涙)

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

学校での視力検査で小学校3年生の娘にメガネが必要になりました

左側の視力が0.3と言うことです

私はずっと右も左も2.0ですし、今も視力は悪いわけではありませんので、正直ショックでした

きっとスマホを見たりしている影響だと思い、親としての責任を強く感じています

小学校6年生の長女は今のとこ大丈夫ですが、やはりスマホやタブレットの長時間使用は気をつけなければならないと感じています

サングラスもあまりかけませんし、メガネを使用している方の気持ちはあまりわからないのですが、今後ずっと手放せないものになるかもと大変だと思います

学校の指定の眼鏡店へ行って、視力を測りオリジナルのメガネを作っていただきました

メガネって結構高いのですね〜

視力と遺伝の不思議な関係性


意外にも調べると視力の低下の原因はよくわかっていないと言うものでした

かつては本の読みすぎ、ゲームのやり過ぎ、そして今ではスマートフォンの使いすぎが視力低下の原因として槍玉にあげられてきています

しかし発症には遺伝や環境など様々な要素が複雑に絡んでいるとされています

最近では強度近視になりやすい遺伝子と言うものも発見されています

英エディンバラ大学の遺伝統計学者であるゲイル・デイヴィス氏らの研究チームによると、より知的能力の高い人々が眼鏡を必要とすると言うことなのです

視力の弱さと関連する遺伝子があり、知的能力の高い人々はこの遺伝子が普通の人と比べ30%高いと言うことなのです

つまり、頭のいい人は眼鏡をかけている人が多いと言うことです

へぇ〜ですよねー

その他にも、知性の高い人は高血圧、心臓発作、狭心症、肺がん、変形性関節症などを発病する可能性が低いほか、大うつ病を発病する確率も30%低く、長生きする可能性は17%高かったと言う結果になりました

たしかに16〜102歳までの30万人以上の方々のデータをベースにしているのでまんざら嘘でもないみたいです

まとめると、より知的な人々は遺伝的にメガネ(またはコンタクトレンズ)を必要とする人が多かったと言うことです

確かに、眼鏡をかけている人を見ると賢く見えますよね〜

「メラビアンの法則」でも、実際眼鏡をかけている人は「より賢く、勤勉で、信頼できる人物」と言う印象を抱きがちと言うことです

しかし、男性は眼鏡をすることによってプラスになる部分が多いかもしれませんが、女性はマイナスになる部分も多いと私は思うのです

まっ〜偏見かな?

自分の娘なことなので、将来のことを考えるとやはり心配になります

弊社には「アクアリオ」と言う商品があり、目に使うことにより視力が回復したと言う実例もたくさんあります

今では眼鏡をかけつつ、娘には毎日その商品を使用しております

0.3が1.0位なればすばらしいと思いませんか?

絶対にそういう結果が出ると言う商品ではありませんが、本来あるべき姿に戻してくれる商品なので可能性があると思います

もし視力が回復したらまたブログで発表いたしますね

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報