ブログ

今年は腹八分目を心がけて過ごします

実は年末年始で体重が3キロ落ちましたw

理由は腹八分目の食事摂取を心がけたからです(^◇^)

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

昨年は暴飲暴食が過ぎまして体重が10キロ太ってしまいました(涙)

特に〆のラーメンをよく食べてた頃は一気に体重が増加してきました

これではいかん!と思い今年決めた事は・・

腹八分目の食事をすることです

なぜそう思ったかといいますと、尊敬する経営者である松下幸之助氏の言葉です

健康管理も仕事のうち

仕事をしていく上で大切なのはなんといっても心身とも健康である。健康損なってしまってはいかに優れた才能も生かされず十分な仕事ができない。持てる力を存分に発揮しより良い仕事をするために健康管理も仕事のうちと考えそれぞれに心身ともの健康をはかりたい。

松下幸之助

当たり前のことですし、当たり前の行為だと思うのですが、この当たり前ができていないのが現代人かもしれません

腹八分目は良いことだらけです


昔から「腹八分目に医者いらず」といったことわざがあります

今では腹八分目どころか、腹六分目や食べないことが健康にプラスに働いていることがわかってきています

有名な芸能人も1日に一食の生活をしたり、週末にファスティング(断食)をして健康を維持してる方も多いみたいです

今現在わかっている事は、腹八分目にすると平均寿命伸ばすだけではなく、健康寿命(病気にならない健康な期間)も伸ばす可能性があると言われています

他にも、がんや動脈硬化の防止、糖尿病など多くの生活習慣病の予防に効果があると報告されています

消化酵素の無駄遣いを防ぐことができ、その分代謝に酵素を回せます

寿命が伸びるだけではなく肌が若返りダイエット効果もあることがわかっています

遺伝子レベルでも効果があると解明されつつあります

有名なのが、細胞の老化を抑制する「サーチュイン遺伝子」がONになると言うことです

「長寿遺伝子」や「若返り遺伝子」とも呼ばれる最近注目されている遺伝子です

昨年思いっきり暴飲暴食をしてしまった私ですが、飽食の時代と言われる現代において健康維持するためには、我慢をすることではなく腹八分目が私には合っていると思いました

そしてもう一つ心がけたいのが、よく噛んでゆっくり食べることです

脳の満腹中枢が刺激されお腹いっぱいと感じると同時に、消化酵素のアミラーゼの分泌が活性化し消化が促進されるからです

もちろん食べるものもより自然なものを選んでいきたいのですが、食べたいものを我慢するとストレスが溜まる性格なので、とりあえず腹八分目が良いと思いました

今年1年を通して10キロは体重を落としたいと思うので期待しておいてください

あくまでもダイエットのためにあるのではなく、より健康的になるために必要だと感じ行うのです

健康管理も仕事のうちです

十のもので十の豊かさを得ていた考え方から、八のものでも十の豊かさを得れる心構えも大切だと思います

人間足るを知る!

このことが私にとっての今年のテーマになります

ワクワクしながら楽しんで実践していきたいと思います(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報