ブログ

他人と比較しない生き方をしたいですね

人によって幸せの尺度っていろいろだと思うのです

特に世界の様々な国に行ってみるとそれを実感します

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

お金があるからって絶対に幸せとは限らない

夢が叶ったからといって絶対に幸せとは限らない

毎年、国連の世界幸福度調査が発表されています

一人当たりのGDPや健康寿命、社会の自由度、他者への寛容さ、汚職や腐敗の無さなどを数値化してランキングを決めているそうです

2019年のランキングでは、調査対象の156カ国で1位はフィンランド、2位はデンマーク、3位はノルウェーと北欧諸国が上位を占めています

日本は前年の54位からさらに落ちて58位になってしまいました

自分たちの国が幸せを感じにくくなっていると思うと非常に残念です

「幸福」とは何なんだろう?と思ってしまいます


先月行ったフィリピンでは日本よりもとても貧しい生活をしている人々が多いです

経済的にも健康的にも恵まれているとは言えません

しかし人々を見ると多くの方が笑顔で生活しています

ほとんどの子供たちや若者も笑顔でしたw

その姿を見て・・・

「幸福」って何なんだろう?と本当に考えさせられます

ある時に「幸福論」と言う本を読みました

その中でとても印象的だった言葉は・・・

「幸福だから笑うわけではない。むしろ、笑うから幸福なのだ!」

とてもシンプルで真理の言葉だと思います

笑う事は幼い子供でも自然にできること

幸福になる事はとても簡単だと思わせてくれた言葉です

「健康」も幸福になるための絶対条件だと思います

病気で不健康な状態で幸福とは言えないと思うのです

「健康」と「幸福」はイコールではありませんが、健康は幸福になることを後押ししてくれると思います

アメリカのブリンガムヤング大学の研究では、健康寿命伸ばすために大きく影響してるのは「太りすぎない」「運動する」「酒を飲みすぎない」「タバコを吸わない」と言う4項目よりも、「社会とのつながりの多さ」だと結論づけています

これは幸福度を高める要因としても重要なポイントだと思います

幸福になるためにも、健康になるためにも、他人とつながりを持って心を外に向ける

そしてほんの少しでいいから誰かの為に生きる

その中から自分自身の生きる意味が見えてくるかもしれません

人によって何を人生の幸せにするかは違うと思います

しかし大切な事は・・・

他人と比べないと言うことです

人と比べて幸福かどうかを判断しない

世間体や同調圧力といった見えない力に屈しないこと

そこに身をおくと「不幸」に囚われることになってしまうからです

自分らしい生き方や幸福を見つけるためにも、社会の人と関わり利他的な行動をすることをお勧めしたいと思います

そんなことを思ってブログに書いてみました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報