ブログ

便利のようで不便なJRの予約変更!

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団
団長こと鳥辺康則です。

皆さんは旅に出る時JRの新幹線もしくは飛行機、どちらを使いますか?

私は飛行機を使うことが多いです。(特に最近LCC利用が多いです。)
ところが先日、東京?大阪への移動として新幹線を使ったところ非常に不便なことがわかりました。

それは、予定が変わり新幹線チケット払い戻しに行った時です。
前から私は新幹線は割引のないいわゆる「正規料金」が当たり前の前提になっていることに疑問視していました。

「正規料金」で購入してるにもかかわらず払い戻しに行くと、なんと乗車券の払い戻し手数料220円に加え、指定席特急券の払い戻し手数料(30%)がとられてしまったのです(涙)

のぞみの普通車指定席利用なので14,450円でしたが、払い戻しにかかった手数料総合計は 1,930円と多額な金額をとられてしまいました。

格安チケットでもなければ、新幹線乗車日前日の事なのにこの金額ははっきり言ってかなり高いと私は思います。

納得いかない私はその後徹底的に調べました。
そしてわかったことが、新幹線利用の場合はインターネット予約を活用したほうが断然お得と言うことです。

ところがここでまた複雑なことが起こります。
JRグループは場所により会社が異なっており、予約システムも同じでは無いのです。

JR東海の場合は「エクスプレス予約」を利用して1年中格安な価格でチケットが購入することができます。
予約変更についても割引なしの乗車券+特急券よりも利便性が高いのです。

年会費は1,080円かかりますか、列車の発車時刻4分前までチケットが購入できますし、払い戻しおいても発車前にパソコンや携帯電話から手続きすることで、直前であっても310円の手数料で払い戻しが受けられます。

ところがJR東日本とJR北海道エリアの新幹線在来線の特急の指定席は「エキスプレス予約」では利用できず、別に「えきねっと」と言うシステムで購入しなければならないのです。

JR九州も別のシステムなのです。
「えきねっと」は年会費不要で、使用クレジットカードが利用可能です。
エキスプレス予約は専用のICカード「EX-ICカード」を使えばそのまま乗車できる便利な制度がありますが、「えきねっと」は、乗車前に駅にある指定席販売機やみどりの窓口などで切符を受け取らなければなりません。

予約の変更はこちらもエクスプレス予約同様、切符の受け取り前であれば予約変更は発車前何度でも可能で、払い戻し手数料も310円のみで済みます。

今現在 私も出張に出る時は飛行機のチケット、宿泊のホテル、その他諸々全て携帯からネット予約で取ります。

ところがなぜかJRの新幹線だけはいまだに現地の販売機で購入していたのです。

恥ずかしい話ですが、今回の払い戻し手数料の件でいろいろ勉強さしてもらい今後はすべてスマートフォンのベッドで取ることを決めました。

知らないと言う事は、恐ろしいことですね!

1つの出来事により様々なことを学べる良い機会になりました (^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

  • 登録されている記事はございません。

キャンペーン情報