ブログ

偏食で身体は太りやすくなります

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラをクリック

たまに海外からのゲストが来るとびっくりされるのがコンビニエンスストアの数の多さですw

そしてそのコンビニで売られている食材の数々が種類が豊富で味も良いと言うことでびっくりされます

日本には5万5000店以上あり、1平方km(徒歩圏内)あたりアメリカの10倍ものコンビニが密集しています

そして様々な国のコンビニエンスストアに行ってみるとわかるのですが、その国の食文化に合わせて売っているものがかなり違います

手軽に食べれるお弁当からお惣菜、生野菜から生卵、種類豊富の菓子パンやスナック類が簡単に買える

特に海外のゲストに人気なのが日本のパンです

こんなに柔らかくてふわふわしておいしいなんて信じられない!みんなびっくりします

そして、皆が口を揃えて言うのは「日本に2週間いると絶対に痩せられそう!」と言う言葉です

そんなにコンビニフードがヘルシーだとは思いませんが、諸外国の方から見るとそう思われてるみたいです

日本の食育が世界の見本になる


確かにアメリカから来た友達が口を揃えて言うのは「日本人にはデブが少ない!」

確かに成人肥満の割合はアメリカでは3割にもなるのに対し日本では3.5%にしか過ぎません

初めてアメリカに行った時に映画館でポップコーンとコカコーラを買ったらとんでもないビックサイトが出てきてびっくりしたのを思い出します

あんなもん食べてたら太るに決まってる!

と勝手に思っています(笑)

ファーストフード店の店舗数を比較するとアメリカは24万3000店です

日本は6169店なので、一人当たりにすると15倍もの店舗があることになります

アメリカ人はとにかくファーストフードが大好きです

アメリカにいるときに朝食を取ろうとすると日本みたいな健康的でバランスの良い朝食は探すのが無理です

コーンフレークだったりドーナツ、パンケーキなどが朝食になります

しかし日本で朝食を取ろうとすると、吉野家や松屋、すき家などで手軽にバランスの良い朝食が食べることができます

なかなか海外からのゲストにも人気です

コンビニ1つとっても日本では、枝豆、ゆで卵、サラダ、さんまの塩焼き、かぼちゃの煮付け、もつ煮込みなどを全て買っても1,000円くらいです

一方アメリカのコンビニでは、トランス脂肪酸や砂糖、保存料、添加物まみれの健康な食べ物ばかりです

海外からのゲストとランチを食べようと言う話になると、様々な選択権がチョイスできるのが日本と言う国です

バランスの良い定食やラーメン、パスタ、韓国料理、中国料理、カレー、ハンバーグ、ステーキ、しゃぶしゃぶ、回転寿司、ハンバーガーなどチョイスしきれない位の豊富なレストランの選択ができます

さらに夕食時にびっくりされるのが居酒屋と言う文化です

居酒屋は日本独特の飲食店文化だということです

何にびっくりするかと言うと豊富なメニューの数々です

新鮮な数々のサラダ、お肉料理、お魚料理、大豆料理、お惣菜、締めのおにぎりやおそばなど一見のお店でこれほど多彩なメニューをオーダーできるレストランは他にはないと言うことです

さらに海外の方々がびっくりするのが自動販売機の数の多さです

これほど多彩な様々なドリンクが手軽に買える国は他にはないでしょう

それもお茶やお水、コーヒーなど炭酸飲料以外の種類の豊富さに皆さんびっくりされます

昔アメリカに行った時必ず皆さん炭酸飲料を食事と一緒に飲んでいたのにびっくりしました

1リットル位のビックサイズのコカコーラを飲んでいるのです

アメリカ人の炭酸飲料の年間消費量は170リットル世界一です

日本は32リットルで56番目です

その原因の1つには多彩なドリンクの選択肢にあると思います

日本人が普段利用しているコンビニやスーパー、自動販売機の品揃えが実はバラエティにとんでいると言う事は、外の文化に触れてみなければ意識しないことかもしれません

これだけ多彩な選択肢があるのは世界ひろしといえども日本だけだと思っています

もともと私たちは子供の頃からバランスの良い朝食をとり、学校では給食と言う制度で育ってきました

この給食と言う制度のおかげで、食育と言う教育を自然に受けていたのかもしれません

アメリカのオバマ政権時代には給食改革運動が盛り上がりましたが、現在のトランプ大統領はジャンクフード愛する偏食家なのでこの改革は頓挫しています

日本の子供たちは小さい時から学校で料理を習います

「家庭科」という授業は日本特有のものであり、アメリカはもとより諸外国ではこのような授業は一切行われていません

またお弁当と言う文化も他国とは違います

アメリカでお弁当といえば、パンにピーナツバターを塗ってバナナやリンゴと一緒に紙袋に入れられて渡されます

日本では多彩な種類のおかずが入りバランスの良い食事と言えると思います

国が変われば考え方が変わるのですが、小さい頃からのそれらの影響が日本のバランスの良い食事に反映されてるのではないでしょうか

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報