ブログ

光化学スモッグ注意報

美と健康を通し地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

昨日は全国的に真夏日!群馬県館林市では35度を超える猛暑日だったようです。

そして真夏日になると注意しなければならないのが、熱中症 と もう一つ「光化学スモッグ」なんです。

事実、今日は光化学スモッグ注意報がでています。

光化学スモッグとは、工場や自動車などから排気された「窒素酸化物」(NOx) や 「揮発性有機化合物」(VOC) などが、日光に含まれる紫外線と反応して化学反応を起こし、二次的汚染物資が生じます。

この二次的汚染物資のうち、二酸化炭素を除いたオゾン(O3)・アルデヒド・パーオキシ・アセチル・ナイトレート(PAN)などのことを「光化学オキシダント」と呼びます。

光化学オキシダントが大気中にとどまる現象を光化学スモッグと言います。

発生し易い条件は、
・日射が強い
・気温が高い
・風が弱い などが挙げられます。

光化学スモッグが発生すると、空が白く霧がかかったようになり、遠くの建物や山が霞んで見えることがあります。

人体への影響は、
・眼の痛み・チカチカ感 ・流涙 ・のどの痛み ・咳 ・頭痛 ・めまい ・手足の痺れ ・息苦しさ などがあげられます。

又、植物の葉に斑点ができるなど、人間以外への影響も認められています。

この光化学スモッグは、マスクをしても防ぐことができません!

ではどのように防げば良いのか?
答えは、
① できるだけ外にでない
②屋外での運転は避ける
③なるべく窓を閉める
④自動車の使用をできるだけ控える

などしか無いのです。

特にお年寄りや子供には注意が必要とされています。

益々酷くなる光化学スモッグの現象を考えると、地球再生5%プロジェクトを急がねばと本当に思います。

自宅では、「トリニティー」を振りまいて何とか防げますが、屋外では・・・

全世界にトリニティーの雨を降らすまでは5%プロジェクトは続きます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報