ブログ

国内で続く基準値以上の違法成分検出事件

食の安全は子供を持つ親にとっては真剣に考えなければいけないことだと思います

さまざまな食品の安全について今までブログに書かさせていただきました

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

国の許容している基準値内だからといって他国で禁止されている有害化学物質が使われていること

海外から輸入される化学物質まみれの食品の危機

遺伝子組み換えや偽装加工食品による健康への被害

プラスチック成分が食品に移行することによって体内を汚染する問題

電磁波により影響された食品の問題

実はきりがないぐらいたくさんあるのです

そんな中で信頼しているメーカーさんから様々な違法物質が検出されて私自身何を信用していいのか分からなくなっています

メディアに登場しない不都合な実態


私の大好きなブランドで「無印良品」があります

シンプルな素材で高品質な様々な日用品や洋服を販売している会社です

近年食品にも力を入れており、カレーのシリーズなどは私の大好物です

他のスーパーで売ってるものと比べるとちょっと料金は高いのですが、安心安全なイメージのあるブランドです

しかし・・・

先月22日に「無印良品」で販売されている天然水と炭酸水の中から基準値を超える発がん性物質の「臭素酸」が検出されたのです!

実にショックな問題です

「無印良品」を展開している良品計画はすぐに59万本ほど自主回収すると発表しました

問題は、台湾への輸出を伴う検査で発見したと言うことです

食品衛生法で定める基準内の2〜4倍にあたる1リットルあたり0.02〜0.04mリットルの臭素酸が検出されたのです

そして、その原因が未だに特定できていないのです

ここが1番問題です

この商品は富山県黒部市の「黒部名水」さんに製造を委託していたと言う事ですが、いまだに原因がわからないと言うことです

大好きなブランドだったが故に本当にショックなニュースです

その他にも先月の25日に、埼玉県嵐山町杉山の農事組合法人「セイメイファーム」で生産された卵から法律違反の抗菌剤検出が出たと報道されました

食品衛生法で禁じられている動物用医薬品「サルファ剤」が検出されたのです

その結果、計5万5000個の卵が自主回収されました

サルファ剤は、家畜の病気や寄生虫予防の目的で使われるものです

ひな鳥への使用は認められています

サルファ剤が何かの原因で成長鳥の餌に混入した可能性があると言うことです

イヤイヤ、それはあかんやろ‼︎

つまり卵を産む鶏も様々な化学薬品が使われているのが実態だということです

スーパーで買う卵は様々なものに影響されていると言うことの裏付けになるのです

卵をよく食べる我が家としてはショックなことだと思っています

中国産の食品や製造物が危ないと思ってる人はたくさんいますが、まさか国産の信用できる商品から様々な違法物質が検出されたら一体何を信じたら良いのでしょうか?

本当に考えさせられるニュースが続きます

今「整体融合型光触媒 トリニティーZ」が何件かの養鶏場で使われています

この商品は、化学物質ではないので口の中に含んでも害のない商品です

このような安全安心そして環境浄化する商品を使うことによって養鶏の生活環境が変わり産む卵が変わるのです

興味ある方はお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報