ブログ

夏場の内外の温度差で体調がおかしくなる人がたくさんいます

昨日は夜でも30度を超える熱帯夜でよく眠れなかった人も多かったのではないでしょうか?

そんな時クーラーをガンガンにかけて寝ようとする事はあまりオススメできません

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

せめて温度設定を28度位にすることをお勧めします

なぜならば、体温を一定に保つために大きな役割を担っている「交感神経」は、温度差が激しい室内と屋外の出入りを繰り返すたびにフル稼働します

そのために相当量のエネルギーが消耗され、室内と外気温の温度差が激しいほど夏バテは起こりやすくなるのです

冷房に頼らなければ眠れない気持ちはわかりますが、極力室内と外気温の温度差を少なくすることをお勧めします

交感神経があまりにもフル活動すると心身ともに疲れます

実際にこの夏場シーズンは室内と外気温の温度差が10度以上になるケースがあります

特に冷え性の方は夏場は基礎代謝が下がり、より悪化させる原因になるので気をつけた方が良いと言われています

実際に私自身も少し体調を崩しています(笑)

だからブログに書こうと思いました(^◇^)

内臓の冷えにも注意が必要だと思います


実は夏場に気をつけなきゃいけないのはもう一つあります

それが内臓の冷えによる疲れやだるさです

冷たいものを食べ過ぎると身体も内臓も冷えて、消化管の血液が収縮し、血流が減ってしまい食べたものが消化できなくなってしまう現象が起きます

その結果、それを避けようと全身の血液が消化管に集まり消化を促そうとするのです

そもそも夏の身体は汗をかくなど暑さ対策にエネルギーを大量に使っています

さらに消化管を温めるためにエネルギーを使わなければなくなると、その結果身体が疲れたりだるくなったりしがちになるのです

内臓が冷えると、免疫力も低下しがちになります

免疫細胞の7割以上を作ってる腸内環境も冷えによって悪化すると機能しなくなると言われています

つまり、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなったり、ガン化した細胞を取り除けなくなったりするなど全身の免疫力も低下するのです

冷たい飲み物ばかり飲んでいると内臓が冷えます

熱中症対策に水分補給は欠かせませんが、できたら常温で水を飲むことを勧めます

居酒屋とかで冷たいビールをガンガン飲みたいときは、おつまみに温かいメニューを選ぶことが良いと思います

また夏野菜は内臓から身体を冷やしてしまうので、たくさん食べる場合は火を通すなど温めて食べることもお勧めします

冷房で冷えすぎた体を温めるには、お風呂で湯船につかることをお勧めします

その時は38度程度のぬるめのお湯にして内臓をマッサージしながら入ることが良いと思います

人間の体をめぐる毛細血管が詰まりやすくなると栄養が細胞の隅々まで届かなくなりていたようになると言うこともわかっています

毛細血管の血管中のプラークを溶かしきれいにしてくれるドリンクを飲むことをお勧めします

トリニティークリスタルは「水溶性ケイ素」や化石サンゴ、コラーゲンペプチドなどを含む血管をしなやかにしてきれいに掃除をしてくれるドリンクです

1日1本飲むだけで低体温の人は体温が上がったりする効果が期待できます

興味がある方は是非お問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報