ブログ

外食産業のお米って本物の「米」なの?

ガタニイ(新潟)生まれ育ちの私としてはやはり気になるのが外食産業の米です

親戚の農家さんであることありお米の事情を詳しく聞くことができましたw

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

日本人にとってお米はとても意味深いものなのです

もともと「気」という字は「氣」と書いていました

つまり米がエネルギーの元になっていると言うことです

心と米は実はこんなところで結びついていたのです

神道でも仏教でも古来からある日本の宗教儀式にも米はつきものです

そんな大切な「お米」が・・・・

外食産業どは様々な加工がされているのです

精米改良材と言う名の「液体プラスチック」による加工


古くなってもろくなってしまうお米を精米するときにお米が割れてロスになるのを防いだり、古米特有の酸化した匂いを防いで、甘みをつけてごまかしまるで新米のような白い光沢を出すために使われている化学物質があります

それが液体プラスチックと思える「プロピレングリコール」です

プロピレングリコールは、食品の品質改善剤、乳化剤として使われているだけではなく、化粧品に保湿剤として使われたり、自動車等の不凍液、潤滑剤、またプラスチックの中間原料、溶媒等としてあらゆる用途で広範囲に使われる化学物質です

そんな化学物質が「精米改良剤」として平気で使われている事実があります

プロピレングリコールのほか、植物油脂、合成甘味料(D-ソルビット)、リン酸塩、グリセリン脂肪酸エステル、グルタミン酸ナトリウムなどが含まれているケースがあるのです

それって本物の米と言えるの?

精米改良剤は、食品衛生法では加工助剤とされるので表示義務がないのです

外食産業では当然のごとく精米改良剤が使われているのです

それだけではなく産地偽装もたくさんあると聞いています

中国産のお米はスーパーで売ってるのをあまり見ませんが、中国からの米の輸入は年々増えているのです

どこにあるの?

もちろん外食産業、中食産業使われている事実があります

大量の化学肥料や農薬を散布して作られており、極度の汚染された土壌で栽培されてるお米なのです

さらに今後は遺伝子組み換えのお米が日本にどんどん入ってください

遺伝子組み換えの表示義務は法律的にはありません

今後本物のお米では無い偽物のお米がたくさん日本で食されると言うことです

悲しいなぁ😭

日本国内では米離れなどと言う言葉が聞かれます

米は日本人にとっての魂だと思っています

生産農家さんが魂と心を込めて作った本物のお米をしっかり食べたいと思いました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報