ブログ

好きなことを仕事にした居酒屋さん!

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団
団長こと鳥辺康則です。

先日東京都阿佐ヶ谷にある「Asagaya 103」へ行っていました。

簡単に説明すると「熱燗の魅力を世界へ伝える 熱燗酒専門店」です。

店主は若干22歳です。こないだまで大学の学生だった彼が3ヶ月前にオープンしたお店です。

私はいろんな方々と飲食をしますが、ただ単純にお酒を飲むのではなく毎回勉強だと思っております。

ここに多くのヒントがあり美容師さんへのアドバイスにつながることも多々あるが故に、積極的に外の外食に出かけます。

今回来させてもらったこの店は、1番学びになり感動したお店となりました。

店主は大学生時代から(20歳から)、「日本酒」特に「熱燗」が大好きでその魅力にはまり、様々な飲食店で勉強し、そして様々な酒蔵や生産者に会いに行きその道に入りました。

たくさんの酒蔵や生産者に会うことにより様々な知識が得ることができ、その知識を生かして大学生時から、生んでいるマンションで「熱燗の会」を開くようになりました。

その時住んでいたマンションのルームナンバーが103なので店名になったと言うことです(笑)

それが徐々に噂を呼び、熱燗の好きな方々が集まるようになり話題になったのです。

熱燗の奥の深さ、幅の広さ、料理との組み合わせ、様々な顔見せてくれる熱燗酒のワールドこそ自分の生きている世界と決められたのことです。

そして今年の春に無事大学を卒業し、8月にコチラの店をオープンしました。
その時点で熱燗が大好きな方々の中では期待になり、日本屈指の熱燗専門家として話題となっていました。

オープンして3カ月余りの中で、ダンチュウ・おとなの週末・新聞などメディアもほっとくわけがないのです。

更に、自宅で簡単に楽しめる熱燗の作り方など、メディアの企画はまだまだたくさん入っています。

一見ただ日本酒を飲んでいるように思われるかもしれませんが、私はすべての経営者にこの店に行ってほしいと願っています。

何故ならば、本当にリアルに彼から学ぶことが多いからです。

彼のお店で扱ってる日本酒は、俗に言うメジャーなものはありません。

小さな酒蔵でコツコツ作られているお酒ばかりです。
酒蔵を周り生産者に会い、酒米の生産農家さんにも会いに行く位徹底してます。

そこで彼のテイストにあった本当に熱燗に向いている最高の酒が様々用意されています。

実際、熱燗に合うコース料理をいただきながらに20種類以上の様々なお酒をいただきました。

マニアック的な知識と様々な彼の好奇心から熱燗の世界へ本当に連れてってもらいました。

同じお酒でも常温、熱燗では全く味が異なります。

さらに同じ熱燗でも作った年代によって味が異なります。

持論熱燗の温度体によっても味は異なります。

あくまでも料理に合わせることを主としていますので、醤油をなめた後に味わう熱燗と料理を食べた後に味わう熱燗でも異なります。

絶対に水を飲んだ後は、熱燗を飲まないでくださいと注意されました!何故ならば雑文が出るからです。

若干22歳の店主に聞きました。
「休みの日は何をしてるのですか? 」

答えは、「大抵休みの日もお店に出てるいるんですよ!」
答えは好きがゆえに、オンオフがないのです。

本当に日本酒が好きで、熱燗の素晴らしさを世界に伝えたいと言う情熱を感じます。

好きで好きでしょうがない熱燗の世界をお店にしただけなので、休みであろうとお店に出て熱燗研究をしているそうです。

好きなことを1つ突き詰めると、とてつもないファンができ仕事になることを実践されている1人だと思い大好きになりました。

日本酒に少しでも興味ある方は絶対一緒に連れて行きたいと思います。

原材料になるお米の話、お米にはお父さんお母さんがいて人間と同じように系列がある話、麹と酵母の話、それぞれの酒蔵の生産者さんのお話会、お酒に宿る様々な思いやストーリ、4時間と言う時間があっという間に過ぎる位たくさんのお話が聞けます。

正直料理もおいしいし、お酒もおいしいですが1番は店主のその熱き想いとお話でした。

ぜひ一緒に行きたい方は言ってください!簡単に予約出来るようにつながっていますので一緒にいきましょう。

本当に学びになると私は思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

  • 登録されている記事はございません。

キャンペーン情報