ブログ

家庭から流れる排水が環境汚染の原因になっている

何気なく毎日使っている日用品に大量の化学薬品が使われている実態は認識ない方が多いと思います

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

日用品と言うと、シャンプー・リンス・ボディーソープ・台所用洗剤・歯磨き粉・入浴剤・洗濯用洗剤・柔軟剤・芳香剤・消臭剤・漂白剤・・・・

すべて合成化学薬品が使われています(涙)

今回は人体に善し悪しではなく、環境に良いのかどうか?と言うことです

つまりこれらの化学薬品を使えば100%生分解され地球環境に全く害がないと言えるのでしょうか?

もちろんありますよね〜(^◇^)

特に地球環境水質汚染の70%位の原因が家庭から出る排水と言われています

家庭からの排水は思ったよりも汚染されています


水質汚濁の指標として用いられる数値に「BOD」と言うものがあります

BODとは、Biochemical Oxygen Demand(生物化学的酸素要求量)の略です

簡単に言うと水が有機物でどれだけ汚染されているかを表す数値です

この割合を比べてみると、生活排水の占める割合は1970年は39.4%だったの 最新の調査ではなんと71.9%にまで上昇していたのです

一方、工場などから出される産業系排水は17.6%で生活排水のわずか4分の1だったと言うことです

水質汚染の大きな原因は家庭から出る排水と言う結果です

そもそも日用品に含む化学物質もそうなんですが、日頃飲んでいる水道水にも様々な問題があることが懸念されているのです

日本は世界一の農薬大国です

その結果土中には大量の硝酸態窒素が含まれているのです

そんな土壌を流れてくる水が汚染されてないわけありません

そんな汚染された水をなんとか飲み水に変えるために使われているのが殺菌・消毒するための大量の塩素です

日本の水道水は塩素濃度が世界一である事は皆が知っている真実です

日本人ひとりが1日に使う水の量は約250リットルとされています

そのうち飲み水は2リットル程度、料理に使われる水は10リットル程度と言われています

この飲み水や料理に使うお水は浄水器をつけている家庭が多いと思います

しかし、残りの約238リットルは食器洗いやお風呂、トイレや洗濯などに使われているのです

最初から汚染されているお水を流しているからBODの数値が上がったとみる人もいます

環境浄化は家庭からだと私は思っています

今回は健康被害との因果関係はブログには書きませんが、環境に悪いものは当然人体にも悪いものが多いのです

だからといって私たちは日用品を使うことを否定はしたしません

ただし、原液で使うのではなく「整体融合型光触媒トリニティーゼット」や「ビーワンバランス」などを加えながら使うことをお勧めします

そのものの働きを活かしながら流す廃液が環境浄化をしてくれます

環境にやさしい商品は世の中たくさんあるのですが、環境を浄化する商品は少ないのです

ただ加えて使うだけで未来の地球を守ることができます

その他にも食器洗いと水、お風呂に入る時、洗濯をする時などにもトリニティーを用いたりもします

一緒に家庭から環境浄化をしていただけると本当に嬉しいです(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報