ブログ

小倉駅周辺で麺類3連チャンの「ブラトリ」をしてみましたw

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

私は福岡県北九州市の小倉駅周辺が大好きですw

駅前にはピンクネオン街があり、ストリップ劇場やピンク映画を上映する会館が未だには存在しますw

そちらの方が好きでは無く・・・・(笑)

昭和の雑多なカオスが街に残っているところが好きなんです

少し行くと小倉市民の台所「旦過市場」もありますw

大正時代から続く昭和クラシカルな商店街ですw

今回はそんな大好きな小倉グルメを紹介したいのですが、時間の関係上「小倉駅周辺」の、更に「麺料理限定」でブラブラしたいと思います(^◇^)

小倉市民のソウルフード「かしわうどん」


あの「クッキングパパ」にも紹介された小倉市民の故郷の味が、かしわうどんなんですw

JR小倉駅構内にある立ち食いうどんの店「ぷらっとぴっと」で提供されています

ブラット・ピットではありません!(笑)

小倉駅内には、いくつかの立ち食いうどん店がありますが、コチラが絶対にオススメですよ〜(^◇^)

コチラでは、「かけうどん」がメニューにありません

なぜならば、デフォーで「かしわ」がはいるんです(笑)

細かく刻んだ鶏肉(かしわ)を甘辛く炊き上げた自慢の絶品かしわですw

透き通ったツユは、カツオ昆布をベースに鶏もも肉で出汁を取った甘めのテイストです

麺は日田天領水を使ったヤワヤワの自家製麺です

この最強のかしわうどんが何と390円なんです(^◇^)

安い・旨い・早い〜

B級グルメハンターの血が騒ぎます

小倉に来たら絶対に駅構内で食事を済ませましょう〜w

昭和の香りが残る小倉の豚骨ラーメン「一平 本店」


JR小倉前すぐにある創業昭和32年の老舗ラーメン店ですw

店内に入ってまずビックリするのは、かなりキツイ「獸臭です」

ゴテゴテの匂いなんです

私は大好きな香りなんです(^◇^)

相当にコッテリした濃厚な豚骨ラーメンが出てくるのか?と思っていると拍子抜けします(笑)

なぜならば・・・・

かなり塩分控え目のアッサリとしたスープなをですw

正直旨いと思います(^◇^)

麺は固めに茹でられた細麺で歯切れもよく美味しいです

最近流行りの奇抜さやゴテゴテ度はありませんが、毎日食べれるラーメンとも言えます

他にも、ちゃんぽんや味噌らーめん、などもあります

小倉フードではありませんが日田焼きそばの「想夫恋」


初めて「日田焼きそば」を食べたのは10年くらい前ですw

その時の衝撃はわすれませさ!

あまりの旨さに今までの焼きそばの概念が覆させられましたw

その元祖日田焼きそばと言われる「想夫恋」さんが小倉駅内にあるんですw

昭和32年に、先代 角安親によって生み出された焼きそばが日田焼きそばなんです

日田焼きそばの面白いのが、生麺を一から茹でて、それを焼いていく生麺スタイルです

そして外はお焦げのようにカリカリ、中はモチモチとした唯一無二の焼きそばなんです(^◇^)

上手く表現できないなぁ〜w

ま〜 とにかく食べたら忘れられない味なんです(^◇^)

私はいつも生卵をトッピングします

相性抜群で更に旨さが倍増いたします(^◇^)

番外編は折尾名物「東筑軒」のかしわ飯ですw


ご存知TV「秘密のケンミンショー」でも紹介された東筑軒のかしわ飯ですw

大正10年から続く歴史が創った伝統の味です

鶏肉を食べる風習のある福岡の土地柄に合わせるごとく、鶏スープの炊き込みご飯、鶏肉と卵をあしらった「かしわめし」が誕生しましたw

冷めても旨く鶏の出汁が効いている最高の弁当!

しかし・・、

東筑軒のかしわめしが売り切れて〜

あらぁ〜 ショック!

もう一つの絶品「かしわ飯」を買いましたw

それは・・・・

創業明治24年の北九州弁当株式会社さんの「小倉のかしわ飯」なんですw

コチラは東筑軒さんに比べてたら有名ではありません?

しかし、私は大好きなんです

美味いよ〜(^◇^)

付け合わせも付いているので少しリッチな気分になれます

ボリュームもあり、三銃士も健在!(のり&玉子&鶏肉)です

ご馳走さまでした(^◇^)

今回は小倉駅周辺で麺料理でしたが、いかがだったでしょうか?

B級グルメハンターとしてはまだまだと思っています

これからもよろしくお願い申し上げます(^◇^)

ceo-profile-img

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)
地球の応援団長こと鳥辺康則です。
初めて私のブログをご覧頂ける方はコチラもご一読頂ければ幸いです。
》鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ち

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報