ブログ

小型店舗の倒産が過去最多になっている事実があるみたいです

今すべての業界で言えるかもしれませんが店舗型ビジネスが大きな分岐点を迎えていると思います

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

小売業はネットショッピングとの対抗強いられます

飲食店はコンビニやスーパーの中食に顧客を取られます

サービス業はネットサービスにとって変わられます

実際店舗型ビジネスの一番の難点は、あまりにもライバルが多く「見つけてもらえないこと」だと言われます

実際帝国データーバンクの発表によると飲食店の倒産は過去最多になったと言うことです

帝国データーバンクの分析によると、節約志向の高まりに加え、消費税率の引き上げとそれに伴う軽減税率が導入されたこと

テイクアウトやデリバリーなどの中食や内食を選ぶ傾向が強まったと言われています

その他にも人材不足問題、後継者問題、キャッシュレス化、改正健康増進法の施行があげられていました

実際細かく見てみると、負債総額5000万円未満が8割を超えていました

つまり、ほとんどが個人店舗と言うことだと思います

50億円以上の負債総額店舗は2013年以降ゼロだと言うことです

完全に2極化している状態だと思います

節約志向が高まる中、外食を控える消費者が増加傾向にあるのは今後も続くと思われているみたいです

理美容業界の倒産件数も4年連続で増加していると言うニュースもあります


帝国データーバンクによると、美容室が86件・エステサロンが40件・理容室が17件となっています

トータル167件が倒産したと言うことです

実際は高齢化による美容室オーナーによる自然廃業なども含めると廃業した店舗はもっと多いのだと思いますが、とりあえず倒産した店舗はこのような数字になったみたいです

帝国データーバンクの分析によると、

・店舗開設に伴う借入金の返済負担が重荷

・同行他店との競争激化

・代表者の病気や体調不良が重なり営業体制を維持できなくなる

・美容師の独立やフリーランスへの転身で人材確保が困難になる

理美容業界は参入障壁が比較的低いため、完全にオーバーストア状態になっており顧客獲得はさらに難しさを増していると分析されていました

ここで私がいつも参考にさせてもらっている美容師の「勝村大輔さん(かっちゃん)」のブログがこのことに対してどうしたらいいのか具体的な様々なことを書かれているのでいくつか紹介いたします

よかったら絶対に読んでみて下さい

https://soccer-baka.jp/archives/11437

https://soccer-baka.jp/archives/11014

https://soccer-baka.jp/archives/10984

結論から言うと昨年と今年同じことをやっていたら絶対に売り上げが下がると言うことです

何かをやって失敗する事は失敗ではありません

1番の失敗は何もしないと言うことです

個人店だからできる顧客との関わり方があると思うのです

個人店だからできるコミュニティーの作り方があると思うのです

個人店だからできる集客方法があると思うのです

個人店だからできるお客のファン化ができると思うのです

個人店は広告宣伝費にかけられる費用も少なく、圧倒的に不利と言われてますが私はそうは思いません

お金をかけずにコミュニティーを作り、お客さんとの関係性を構築し、新しいお客さん獲得へ繋げられる方法があるのです

それがSNSの発信です

毎日ブログを書き、FacebookやTwitterを通じてそれを広めていく

デジアナ販促を使い、アナログのニュースレターやそれをSNS発信することにより顧客との関係性構築を強める

Twitter発信によりその地域に限定したコミュニティーを作る

やることできることがたくさんあると思うのです

しかし、98%の人は知ってはいるけどやらないのです

だからこそやった人間だけが成果が上がりさらに個人店の中でも2極化が進むのです

何もしない事は破滅に向かうことです

本当にそう思うので今回はちょっと辛口のブログになりました

では実際どのようにSNS発信したら良いのか?

誰にそんなことを聴いたらいいのか?

いつでもお問い合わせください(^◇^)

いつでも希望があればそのような方々を紹介させていただきますw





  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報