ブログ

平田雅彦先生の講演会を聞いて感じること⑵

img_8906

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団長こと鳥辺康則です。

平田先生によく周りの人はこんなことを聞きます!
「どんな医者が、良い医者なのですか?」

平田先生は「患者に寄り添う医者が本当に良い医者だと思う」と答えます。
患者に寄り添い親身になって接してくれるお医者さん。

どんな名医と言われていても、手術後1週間に1度しか病室に来てくれないお医者さんは寄り添う医者と言えるのでしょうか?

1日3回来てくれるお医者さんとでは全く違うと言われます。

自己治癒力を高めるのに非常に大切なのは、「想い」だと言われます。
「良き想いを持って、肉体を使って、良きことをする」そうすると自然に自己治癒力が上がると言われてます。

そして病気を1番早く治す秘訣は!

それは、もし病気が治ったら何をしたいか?を考えることだそうです。

その時に、もし今抱えてる病気が治ったら、「人のためにお役に立てるようなことをする」「周りの人に役に立つようなことをする」など利他的な想い・行動・発言なでをすることを決めるだけで、不思議なように身体は変化するそうです。

人間はもともと誰かを喜ばしたり誰かの役に立つため生まれてきていると言われています。

人のお役に立ち周りに笑顔を与え影響力を持つ事は非常に大切だと考えます。

地球環境浄化は、地球を救おうと言う話ではありません。地球上に住んでいるすべての生き物、特に人間、家族、友人、知人、周りの方々を含め救おうとしてるのです。

多くの人が想い、情報を発信するとそれは具現化すると言われます。

形態形成場理論といい、多くの想いが募ると一瞬にしてそれは全世界に広がると言うことです。

不思議な話に聞こえますが医学の中では既に立証されている理論だそうです。

医学は常に物理学の一方後ろを歩いているといわれていました。

今物理学では、100キロの瞬間移動も実現しています。
国立科学研究所、オーストリアウィーン大学の二箇所にいて瞬間移動の実現化が立証されています。

馬鹿な話だ! 言う人もいるかもしれませんが、近い未来物体の瞬間移動が日常茶飯事にできる時代が来るといえます。

それぐらい非常識なことが常識になる時代なのです。

過去の概念や知識体験だけにとらわれることなく新なる事態に備えて柔軟性を持つことも大切です。

ありえない結果! 高次元の科学! など、怪しいと言われる方もいますが現実的に結果があるのは事実です。

素直に見ることがいかに大切か!

平田先生は強く言われていました。

平田雅彦先生の強い決意と温かい想いを感じられる内容の講演会でした。

ありがとうございます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報