ブログ

手軽な健康法として毎日の入浴を進めます

「安価」で「手軽」な健康法としてオススメなのが毎日の入浴です

シャワーだけで済ませるのは本当にもったいないと思います

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

私自身は温泉が大好きなので1ヵ月に数回ほど温泉につかります

現代社会の中で健康を保つには「快眠」「快便」「快笑」が大切だと思っています

そのためには「食べるもの」「睡眠の質」「ストレスへの対応」を考えなければいけないと思っています

プラス体温を上げることが大切だと思います

そのために必要な行為の1つとして毎日の入浴があります

20代では毎日湯船につかる人はわずか25%と言う報告があるくらいです

シャワーでさっと汚れを落とすのも良いのですが、健康のことを考えたらやはり湯船につかることがいいと思います

なぜならばシャワーだけでは疲れは取れないからです

一時期半身浴が流行りましたが、僕は肩まで湯船につかることをお勧めしています

全身浴で得れる様々な健康メリットがあります


シャワーだけでは体温も十分に上がらず、お風呂がもたらす温熱効果がしっかりと発揮されないのです

体が温まらなければ、血液が循環せず疲労回復効果も低くなってしまいます

入浴によって体が温まるとたくさんの血液が体内をめぐるようになります

血液には酸素や栄養素、ホルモン、免疫物質など私たちの体にとって「大事なもの」を運ぶ働きがあります

さらに二酸化炭素や疲労物質・老化物質などの「いらないもの」を回収する働きもあります

温熱効果で血流が増えることで、体の隅々の細胞まで血液が行き渡るのです

新陳代謝が活発になることで体がすっきりリフレッシュします

また入浴により副交感神経優位の状態にスイッチが入り心身ともにリラックスする効果が得られます

現代はストレス社会の中で精神的にダメージを受けている方々が多いです

その中で大切なのはいかに交感神経のスイッチをオフにできるかが疲労回復のカギになっています

そのためにも入浴時の温度はあまり熱くないほうがいいです

適温は40度位です

また入浴の際は長く入らなければいけないと言う観念はいりません

10〜15分位で十分に身体は温まります

目安は顔や額が少し汗ばんでくる位が良いです

大切なのはお風呂から出た後は扇風機や冷房で涼むのは基本的にNGだと思っています

せっかく身体の体温をあげたのにあえて冷やす必要は無いのです

その他にも毎日の入浴が要介護リスクを軽減させる

毎日の入浴習慣がある人は幸福度が高いなどと言う研究結果が出ています

つまり、毎日お風呂に入りましょうと言うことです

世界各国を見ても毎日湯船につかる民族は非常に少ないと言われています

せっかく日本人に生まれて湯船につかる習慣を持っている民族ですから、私は絶対にシャワーだけで済ませるのではなく入浴お勧めしたいと思います

次回ブログで家庭の風呂が天然温泉になる◯秘テクニックを教えます

テクニックって言うよりもそのような商品があると言うことです

楽しみにしていてください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報