ブログ

日本だけがガン死亡者が増えている

昨日はBSC理美容協同組合さんの講師会が東京で開かれました

全国から講師の皆様が集まり志しの高い勉強会が行われました

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

日本では2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなられると言われています

つまり癌は他人事ではなくいつでも自分の身に起こる病気だと言うことです

なぜこんなに癌で死亡される方が多いのでしょうか?

実は癌での死亡者は海外では減っているのです

え〜ですよね!

WHO(世界保健機構)統計でも、1990年代をピークに先進各国は軒並みに右肩下がりで減少しているのです

たった1つの国を除いては・・・

このことはテレビや新聞、マスメディアなどで一切報道される事はありません

アメリカと言えば肥満大国のイメージがあり、病気になりやすいと考えると思います

しかし実際は心臓病、脳卒中さらに癌で死亡される方が激減してるのです

なぜなのでしょうか?

ガン治療方法の違いがある


日本ではがんと診断されると「抗がん剤」「放射線」「手術」の3大療法を勧められます

なぜなのかといいますと、これは政府が「指示書」(ガイドライン)に明記した「通常療法」だからなんです

しかし・・・

厚労省の担当技官は、昔から抗がん剤は「癌を治せない猛毒・増ガン剤」と承知してると言うことなのです

つまり、猛毒でガンを治せず、多くの患者を殺す、増ガン剤と認めているのです

放射線治療はどうなのでしょうか?

昔大変お世話になった新潟大学名誉教授 安保徹先生によると「抗ガン剤より悪い」と断言されてます

手術は?

ガンは切っても切っても治らないと多くの医師たちが告白しています

他の国ではビタミンC治療や熱波での治療、様々な最新療法でガンを減らしていってるのです

以前にもブログで書きましたが、基本は薬大国なのです

多剤併用の怖さを知らずにたくさんの薬を処方するのです

薬を3錠以上飲むと元の病気よりも副作用で具合が悪くなるリスクが上がります

6錠以上飲むと元の病気よりも死亡するリスクが高まります

つまり、ガン死亡の約80%は抗がん剤などの治療による副作用で死んでいるといわれているのです

他の国ではこのような療法をすると患者さん自身の免疫力を低下させることにもなり、身体への負担が大きいためあまり行いません

あくまでも患者さんの身体の負担がない療法を選ぶのです

光によって癌細胞を死滅させる療法や自然療法によって治す方法など実はたくさんあるのです

しかし日本でそれらの療法を受けようと思うと保険適用外になるので多額な費用がかかります

世界のスーパードクターに出演された平田肛門科クリニックの平田雅彦院長先生ははっきり言います

クスリで病気は治らない!

薬を飲むことによって免疫力は著しく低下するのです

今、日本でも様々な医療関係者が新しい試みをしようとしています

大きい病院だから絶対に大丈夫と言う時代ではないと思っています

ぜひ様々な情報を得て自分が適する医療機関を見つけてください(^◇^)

私たちの会社では免疫力を上げて生命を輝かせ本来あるべき姿に戻す商品を多数扱っています

あくまでも病気を治すのはあなた自身です

そのあなた自身の生命力を上げる商品はあるのです

興味あればお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報