ブログ

日本での人口減少が過去最大になったそうです

先日のニュースで日本人の人口減少が過去最大になったと報じられていました

1年間で43万人日本人が減ったと言うことです

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

1日に換算するとおよそ1200人ずつ毎日減っていると言うことです

え〜とびっくりしてしまいました

毎日1200人ずつ日本人がいなくなっている

新生児の出生率も過去最低となりました

新生児の出生が少ないのは社会的不安要因だけでは無いみたいです

この間テレビをつけていたら不妊治療の特集をしていました

日本の場合多くの人が不妊の原因が女性側にあると思い病院に通われるみたいですが、実際は男性側に原因がある場合が多いと言う内容でした

WHOによると不妊の原因は半数が男性側にあると発表しています

男性の精子量が年々減少する現実があるようです


人類の未来を脅かすような話ですか現実です

日本だけではなくアメリカやメキシコ、ヨーロッパ、中国などでも、無精子症や低精子症の人がものすごく増えていると言うことです

実際にこの40年で男性の精子濃度は半減していると言われています

さらに毎年2%位ずつ減少していると言うことです

日本では自然妊娠が可能とされる精子の数の基準値を超えているのが半数いません

さらに無精子症や低精子症の方は、6人に1人と言う結果が出ています

さらに恐ろしいことに、無精子症の男性は早死にする傾向にあることが最新の研究でわかりました

デンマークでのメガデータ調査によると、無精子症の男性平均寿命は48.8歳だと言うことです

同国の男性の平均寿命は79.3歳ですので30年も短命だと言うことです

怖〜 と思いませんか?

2006年5月の読売新聞では、精子の数、日本最下位「日欧共同研究 フィンランドの6割」と報じられました

何故?こんなに男性の精子量が減少していってるのでしょうか?

原因はさまざまあると言われています

運動不足や脂質分の多いジャンクフードの影響

プラスチック製品のポリカーボネートやエポキシ樹脂などの原料であるBPA(ビスフェノールA)の問題

精神的なストレスや内分泌かく乱物質の問題

先日のCNNの報道では、ハンバーガーやピザなどジャンクフード好きの若年男性は精子量が著しく低いことがわかったらしいです

日本国内の研究では、中国の大気汚染の原因であるPM2.5が精子の所見に悪影響及ぼすと言うデータが出ています

さまざまたくさんの理由があると思いますが、現実にはこのままでいくと人類は子孫を残しづらくなります

北海道札幌在住の美容師さんの体験談によると・・・

「カルシストX」と言う商品をたくさん飲んで検査に行くと著しく精子量が増えたと言うことです

たまたまだと思い、飲まない日とたくさん飲んだ日に分けて何度か調べてもらいに行ったらしいですが、やはりたくさん飲んで検査に行くと増えると言う結果が出たと言うことです

飲んだら絶対増えるというものではありませんが、ありえない高次元エネルギーが働いている商品なので可能性はあると僕は思いました

興味ある方はお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報