ブログ

日本の行き届いたサービスは素晴らしい!しかし・・・・

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

日本人で日本に住んでると当たり前と思うサービスも海外に行ってみると全く違う感覚になることがありますw

海外の様々な国に行けば行くほど、日本のサービスがいかに素晴らしく細かいところまで行き届いているかが分かります

しかし・・・

それって本当に必要なのかと思うこともあります!

その細かいサービスによって働く側の従業員さんに負担がかかっていると思うこともあるからです

お店の外に出てお客様がいなくなるまで深々とお辞儀をしている光景なんかは、日本ならではの光景と言えるでしょう

それって本当にホスピタリティー?と私は思っています

世界各地へいくと日本のサービスが凄いと感じる


さまざまなシーンで本当に日本のサービスのきめ細やかさを感じます

例えばJR 1つとっても、電車やお客様に対してのアナウンスが頻繁に発せられてます

「まもなく電車がまいります」

「危ないので電車に近づかないでください」

「ただいま電車が〇〇分遅れています」など・・・

乗客にとってきめ細かなアナウンスのサービスが行われています

これって凄いことだと私は思っているのです

なぜならば他の国に行くときめ細やかなサービスなんてものは一切ありません

電車が出発するときの警笛音もない国も多いです

表示1つとってもわかりやすくとてもきめ細やかだと思います

そもそも駅員さんの数が全く違います

ヨーロッパに行った時もアジアに行った時も駅員さんはほぼいません(笑)

さらに時間に対しての管理が世界一厳しいのが日本人です

3分遅れただけで怒る人が多くいます

それに対してきめ細やかなアナウンスも流れてきます

スーパーマーケットに行った時もきめ細やかなサービスを感じます

日本以外の国ではバスケットに入れた大量の商品を自分がベルトコンベヤーに置いて商品を流します

日本ではバスケットを差し出すと店員さんが商品をカゴから出してくれるのです(笑)

日本のスーパーマーケットは事細かに食材を分けて過剰包装してるようにも感じます

開店時間や休日日なども全くお客のことを考えずに自ら決めるのがヨーロッパや他国なのです

過去に私は何度も経験しています

10時にオープンと書いてあっても、時間通りに行って店が空いてる事はあまりありません

お客が来たら店をオープンして、いなくなったら閉店をするようなラフな考え方の国も多いのです

日本では開店時間と閉店時間がはっきりと明記されており分刻みでそれを実行してるように感じます

また日本人は別に並ぶことが嫌いなので、コンビニエンスストアやスーパーでも、少し列ができるとすぐに店員さんが飛んできます

これは日本以外の国では全くありません

どんなに長蛇の列ができていようと、レジ係の店員さん以外は知らないふりをして全く相手にしてくれないのです(笑)

さらに長蛇の列ができているにもかかわらずレジ係の方が常連の客さんとペチャクチャ喋ってる姿もよく見ます

日本人だったら絶対にイライラすると思います

私はのことをフランスでめちゃくちゃ文句を言ったら100倍文句を言われ返されました(笑)

レストランやバルでもみエクスキューズミー」と言ってもなかなか店員さんが来ません

日本人だったらイライラして怒り出すお客さんがたくさんいると思います

しかし・・・

そのようなきめ細やかなサービスが絶対に必要なのかと言われると私にはわかりません(^◇^)

なぜならば、ものすごくルーズでいい加減と思っている日本以外の国のそれらのサービスを提供している方々は全て笑顔だったのです

細かいサービスを提供している日本人だけが笑顔がなくまるでロボットのように働いている姿を見ると、どうなんだろうと思うことがあります

あくまでもサービスを提供していただける消費者の立場としてはありがたいのですが、そこで働いている方々が笑顔でないと言う事はどうなんでしょうか?

このサービスがなければ死んでしまうと言うようなものは一切ありません(笑)

全てはお客様のため!

お客様は神様だ!

言われる方も多いのですが、私はまずは働いてる従業員さんや関わっている方々が笑顔でないのであれば意味がないと思っています

開店時間が10分遅れても世の中は変わりません

長蛇の列で10分並んだとしても世の中は変わりません

まぁ〜そんなこと思ってる人は私だけかもしれませんが、もっと心に余裕を持ってイライラしないことが大切のように感じます

働いている側もサービスを提供する側も共に笑顔で入れるような関係が本当に望ましいと思います

そんなことを最近強く感じることがあったのでブログに書いてみました(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報