ブログ

映画「天気の子」みたいな晴れ女は実在するのか?

滅多にアニメの映画は見ないのですが、「天気の子」は感動して泣いてしまいましたw

50歳近くになると涙もろくなるのでしょうか(笑)

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

私も中学生の時に、家出して東京にひとりで行ったことがあります

ほんの一週間でしたが、食べるものもなく住むところもなく、本当に大都会と言う闇に飲まれる主人公と同じような体験をしたことを思い出します

そんな時、新宿歌舞伎町で知らないお姉さん(おばさん)からもらったカップヌードルの味がいまだに忘れられません

ジャンクフードですが、「本当においしかった」

映画「天気の子」はファンタジー映画かもしれませんが、私はリアリティー映画だと思ってます

都会の閉塞感からもがき苦しみながらも自分の居場所を見つける若者の物語だと思ってます

映画の中で気になったのが「本当に晴れ女は存在するのか?」です

信じる力が世の中を創っていると思います


僕自身は「晴れ女」は存在すると思っています

もちろん科学的根拠的には何もありません

なぜそう思うのかと言うと、自分が「雨男」だと思っているからです(笑)

雨男だからと言っても、いつも雨のわけではありません

大切なイベントや行事の時に台風並みの雨を引き連れて浄化をしてしまうのです

映画の劇中でも言われていた自然霊が関係してると思います

自然霊とは、この世に一度も姿を持ったことのない例のことを指します

稲荷、龍神、天狗、弁天などと呼ばれる霊がこの自然霊に該当するそうです

稲荷系が守護霊になったときに最も晴れ女になると言われています

私は間違いなく龍神系の大きな守護霊が付いています

つまり、雨男なんです(^◇^)

それが本当か?どうかは重要ではありません

大切なのは自分自身そう信じることです

量子力学の世界では、誰かが空を見て「雲」だと思った瞬間「雲」はこの世に存在すると言われています

つまり、雲はこの世に存在してるのではなく誰かが意識した瞬間に具現化すると言うことです

私は、晴れ女や晴れ男が最初から実在するのではなく、自分が「晴れ女」だって思った瞬間にそうなるのだと思っています

つまり思い込みの力が凄い力になっていると思います

これは、天気の話だけではなくて世の中全て信じることが具現化すると思うのです

天命は変えられませんが、運命は間違いなく変えられるのです

人間のある意味凄い力でもあり、弱点でもある信じる力

常に、自分は「ついている」「ラッキー」「幸運」だーと思っている人は実際にそのようなことがたくさん起きています

人間の能力はある意味無限に近いものがあると私は思っています

その能力に限界を決めるのは自分自身の思い込みだったり、信じる力だったりすると思ってるのです

私の周りにもたくさんの晴れ女の人が存在します

全員に共通している事は、100%そう信じていることです

思い込みの力・信じる力・想いの力・想念の力・・・

言葉は、様々ありますが間違いなくその力は存在してるのです

大切なのは、実際に晴れたかどうかではなく・・・

自分は「晴れ女」だと思うこと!

実際に毎日晴れの日なんて絶対にないからです

そんなことをこの映画を見て強く感じましたw

脱線しましたが映画見てない人は劇場行ってください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報