ブログ

柔軟剤の匂い勘弁してください〜と思います

昨日JR山手線の満員電車に乗ったら目の前にいる方から強烈な匂いを感じました

最初は香水の匂いかなと思ったのですが・・

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

実際は多分柔軟剤の「合成ムスク」の匂いだと思います

「香害」として合成ムスクなどが化学物質として様々な有害性があることが知られました

人工香料による健康被害は種類、量とも年々増え続け世界中で大問題になっています

合成ムスクとは、人工的に合成された香料の総称で、もともとジャコウジカの分泌物から作られていた香料「ムスク(ジャコウ)」を人工的に合成したものです

主に柔軟剤や芳香剤、脱臭剤などに使われています

実際国民生活センターには、柔軟剤の匂いに関する相談が年々増えていると言うことです

合成ムスクは呼吸や皮膚から香料の分子が体内に入り、子供の喘息やアトピー、アレルギーを引き起こす遠因となっているのではないかとの指摘もあります

実際合成ムスクは体の中で分解されにくく、脂質に溜まりやすいのです

熊本大学と佐賀大学の共同研究では、日本人の母乳や脂質組織に合成ムスクが蓄積されていることが判明されています

匂いは化学物質と言う事実を忘れてはいけない


巷ではCMなどの影響もあり「香りブーム」になっています

しかし小さなお子さんを抱えているお母さんは気をつけた方が良いと思いますw

私たちの脳は「匂い」を記憶しやすい特徴を持っています

直接脳を刺激する「匂い」だからこそ気をつけて欲しいのです

乳児が香害によって用事が様々な発達障害を起こすことがわかっています

「漂白剤を使った日は1日中奇声が出る」

「多動の子が新聞の折り込みチラシの匂いを嗅ぐと急におとなしくなり倒れる」

「蛍光色のTシャツを着ると多動になる」

「柔軟剤を使った衣類を着ると目が合わなくなる」

などたくさんあります

昔、化学物質過敏症の方々が住むビレッジへ取材に行ったことがあります

その時の条件は・・・・

・シャンプーをしない

・リンス、コンディショナーを使わない

・柔軟剤芳香剤を使わない

・もちろん香水を使わない

・洗濯用洗剤に香料が入っているモノは使わない

・ボディーソープを使わない

・香料の入った歯磨き粉を使わない

・マウスウォッシュを使わない

・香料の入った食器洗い用洗剤を使わない

・香りのついたティッシュペーパーは持ち込まない

・化粧は原則的にすべてNGです

化学物質過敏症の方にとってはこれらのちょっとしたことが命取りになるのです

匂いは化学薬品と認識してほしいのです

当然天然の花の香りや自然界の新緑の香りは別です

合成ムスクはすべて化学薬品なのです

だからこそ私たちの会社は整体融合型光触媒トリニティーをスプレイに入れて散布することを勧めてます

有害な合成ムスクなどの匂いを分解してくれます

更に、空間そのものの波動を上げてくれてパーワースポットにしてくれます

臭いから逃げることのできない私たちは自分自身が影響受けないように身体作りをしなければいけません

匂いテロと言っていいような強烈な合成ムスクの匂いを発している女性は多いのです

自分や自分の家族の健康は自らが守らなければいけません

整体融合型トリニティをご家庭の中で大量に降ることにより有害な化学物質を分解してくれます

興味ある方はお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報