ブログ

水道水に含まれ化学物質は塩素だけでは無い

水道水に含まれる塩素濃度世界一が日本の水道水です

ほとんどの家庭では浄水器などをつけられているのではないでしょうか?

株式会社 日向の鳥辺康則です(^◇^)

しかし・・・

家庭で使われている浄水器が気休めだったかもしれないと言う驚くべきニュースが流れてきました

それは・・・

沖縄県宜野湾市大山の住民を対象にした有機フッ素化合物の血中濃度調査で、国際的に製造や使用の禁止が検討されているPFHxSが高濃度で検出されたと言うニュースです

この物質は水道水の中に含まれており浄水器などをつけていても全く除去できていない状態でした

水道水が完全に汚染されていると言う現実です

では湧き水だったら大丈夫なのか?

湧水からも高濃度で検出されています

既に規制されているPFOS、PFOAだけではなく、その代替物として使われる他の有機フッ素化合物も規制をかけて対策を打つことが急がれています

でもこれって沖縄だけの話なの?

全国の水道水から国連禁止の発がん性物質が検出されている


幅広い分野で使われている有機フッ素化合物のひとつ「PFOA」が発がん性があることがわかっています

この物質が工場から流れ出し今も自然界に残り河川を汚染し続けていると言う現実を知ってる人はあまりいません

自然界では分解されることがほとんどないことから「永遠の化学物質(フォーエバーケミカル)」と呼ばれて蓄積され続けています

この物質が日本の水道水の中から高濃度で検出されていると言うことです

えー本当ですか?って話ですよね

PFOAを含む飲料水を長期間飲み続けると腎臓ガンや潰瘍性大腸炎等を引き起こして言われています

その他にも高コレステロール、妊婦の高血圧、精巣ガン、甲状腺疾患などを引き起こすと言われています

沖縄の水道水で検出されたPFHxSは最新の国連の報告では肝機能への悪影響やコレステロール値が上昇するなどの悪影響が指摘されています

全ての日本の水道水に含まれているわけでは無いかもしれませんが、実際に厚生労働省が検査を行っている浄水場は全国の2%しか調査してないのです

え〜たったの2%なんですか?と言いたくなります

不都合の真実ですよね

このことはNHKクローズアップ現代で「化学物質水汚染リスクとどう向き合うか」(2019年5月15日放映)で詳しく取り上げられました

河川を汚し、海を汚したその代償は全て人間に返ってくると言うことです

自分さえよければいい、自分の会社さえよければいいと地球環境のことを考えず人間のエゴで汚し続けてきた結果だと思います

ある程度こう言ったものも除去できる浄水器も売ってるみたいですが、どの商品がこれらのものを除去ができるか私たちはわかりません

水が汚染され、空気が汚染され、食物が汚染され、大地が汚染されています

どれか1つの対策をとっても他のルートから化学物質が体内に取り込まれていると言う事実があります

体内に入った化学物質や重金属を体外に排泄することが大切だと常々思います

数々のデトックス商品を取り扱ってますので興味ある人はお問い合わせください(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報