ブログ

物事の捉え方には双方あると感じます

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

外国人から見た「日本人」は、「真面目で礼儀正しい」と言う意見があります

もちろんプラスの意見だと捉えています

しかし、この間ある海外の方とお話をさしてもらっていたら、ポジティブな意見でないということが少しわかりました

それは捉え方によっては「日本人は真面目である故に頑固で、融通がきかない国民性」と感じる方もいると言うことなのです

物事の見方には二面性があるな〜と思いました!

確かにそう言われてみると、私もルールばかり重んじる日本人従業員に「むっと」したことが何度もあります

居酒屋さんでの開店時間にムッとしました


先日、神田にあるある居酒屋さんに行きました

5時からの予約だったので、4時58分にお店に行って入ろうとしたら、店長らしき人に「まだ開店してないので勝手に入るな!」と無愛想に言われました

確かにルールは5時からオープンなので、雨の中外で待っていると・・・

何と、5時を過ぎても店オープンしないのです

結局店が開いたのは5時10分でした

信じられますか〜

開店1〜2分を厳しく言い張る店舗の人が、10分遅れて開店しても悪びれる様子もなく平然としてる

実はこのようなシチュエーションはたびたび色々なところであります

多いのが居酒屋さん、ビジネスホテルなどです

時間ぴったりにオープンするのがマニュアルなのであれば、5分以上過ぎて開店するのはマニュアル違反では無いのでしょうか?

もうビジネスホテルでも5分前ですが絶対に部屋に入れさせてくれないホテルがあります

マニュアルだからと言われます

ある程度のシティーホテルになると、部屋の清掃が終わっているのであれば時間前でも入れてくれるところも多いです

お客様にとってどちらが心に残り印象が良いのでしょうか?

もちろんマニュアルがあるがゆえに統制が取れることがあります

しかし、マニュアルを重視するかばかり臨機応変さが失われます

どちらが良いと言う事は私は言えませんが、マニュアルを重視するようなレストランやビジネスホテルには二度と行きたくないですw

そんなちっちゃなことを言うなんて〜とも思いますが、外国人の方が感じる融通性のきかない国人に正に当てはまる出来事だったのです

「臨機応変ができない」「規則しか守れない、ぼんやりした人々」「ルールが大切で、お客様は二の次」などと言われました

確かに一理ある!

しかし、見方によっては素晴らしいところもたくさんあるので

日本の電車やバスは時刻通りに来る!

日本の宅配業者は荷物の取り扱いが丁寧である!

カバン等を電車に忘れてもほとんどの確率で見つかる!

などというプラスの意見もたくさん出ました

どの国民にはプラスの面とマイナスの面があると思います

またどの物事にも捉え方によっては2つあると思います

結論から言うと日本以外の国々では臨機応変に物事を対応している!

しかし・・・

私たちも海外へ行くと呆れる対応も多いと感じますよね〜(笑)

従業員同士が話し合ってばかりいて、オーダーを取りに来ないケースやニコリともせずに商品を乱雑に扱うケースなどを見かけます

つまりは、ところが変われば価値観も変わるということだと思います

私は日本人なので、日本のルール重視は好きですが、行き過ぎると「目的」を見失うとも思います(^◇^)

ちょっとしたことですが、大変勉強になりましたw

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報