ブログ

環境因子がもたらすアレルギー

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

近年アトピー性皮膚炎や気管支喘息、アレルギー性鼻炎(花粉症)、食物アレルギー等のアレルギー疾患が若年層中心に増加しております。

今や国民の半数以上が何らかのアレルギーを持つと言われており、その原因が研究されております。

一般的には疾患の発現や増加、悪化をもたらす二大要因として、「遺伝因子」と「環境因子」が挙げられます。

遺伝子は急速に変化することはありません。またアレルギー疾患の発症率は開発途上国に比べ先進国で高いことや、農村部に比べ都市部で高いことが疫学研究で報告されています。

これらの研究によりアレルギー増加の要因として、近代化に伴い急速に変化してきた「環境因子」が影響してると思われます。

環境因子とは、住環境、食環境、衛生環境、水・大気・土壌環境などの影響によりもたらす現象のことです。

中でも、環境中に放出されている大量の化学物質の影響が危惧されています。

例えば、車屋工場の排気成分、住宅の建材に使用される防腐剤や塗料、接着剤、プラスティックの可逆剤、家電や繊維製品に使用される難然剤、食品添加物、農薬など実に様々な化学物質が私たちの身の回りに存在しています。

つまりアレルギーの原因は環境化学物質の影響と言うことが明らかになってきています。

多くのアレルギー疾患は、アレルギーの原因物質である応対に特異的に反応するlgE抗体が重要な働きをしています。
lgE抗体は肥満細胞の表面に結合しますが、再び抗体が侵入してlgE抗体と結合すると、肥満細胞に含有されているヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されて、かゆみ等のアレルギー症状が現れます。

次から次えと生まれてくる化学物質。それらの多量の影響でアレルギー反応における免疫担当細胞の役割が複雑になってきてるとも言われてます。

免疫担当細胞と相互作用する上皮細胞、内皮細胞などに対する影響やそれらの複合的な影響も考慮し、環境化学物質による健康リスク低減のために様々な研究が行われております。

世界の中では2.4秒に1つ新しい化学物質が生まれていると言われております。

そのすべての化学物質が研究解明されるまで待ってる余地はありません。

このために与えられたエネルギー商品「トリニティー」というものがあります。

生体融合型光触媒というもので、原液をお水で40倍に薄めて部屋中に振り撒けばいいだけの商品です。

環境因子である多くの問題がこれによって解決されます。
ぜひ興味があったらいちど使ってみてください。

ceo-profile-img

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)
地球の応援団長こと鳥辺康則です。
初めて私のブログをご覧頂ける方はコチラもご一読頂ければ幸いです。
》鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ち

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報