ブログ

神社に鎮座する神々を信じますか?

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団長こと鳥辺康則です。

「私は目には見えませんが神々を感じて存在を信じてます」

昨日は、株式会社 環境保全研究所の「西銘正義会長」と仲間である販社の方々とさまざまな神社へ「お礼参り」に行かさせていただきました。

神事などで正装して清々しい気持ちで一年の感謝を祈り参拝させていただきました(^◇^)

先ずは三重県の伊勢神宮→奈良県の薬師寺→京都の伏見稲荷大社→下鴨神社→上賀茂神社→和歌山の高野山と続きます。

私は常々「目に見えるもの」よりも「目に見えないもの」の中に本質があると思っています。

どちらかと言うと有物論者でスピリチュアルとは無縁ですし、特定の宗教法人にも属していません。

しかし過去に3回死の淵をさまよった過去の経験があるので、不思議な経験は実感しております。

そんな私だからこそ感じられる「目には見えない」けども実在している存在や空間が全ての源になっていると思うのです。

私たちが扱っている「ビーワン」や「トリニティー」などの商品群はまさに、目には見えない高次のエネルギーが働いている「エネルギー商品」です。

もう一度言いますが、私はスピリチュアルな人ではありません(笑)

人に何故そのように言い切れるのか?と聞かれますが、この20年間さまざまなキセキ的「結果」を体験・経験させられてきている以上、そう表現するしか無いのです。

「商品に高次のエネルギーが働いている❗️」というと、「怪しい!」「何かの宗教か!」「エビデンスがない物は信じない!」などと言われることがありますが、100%「結果」があって20年以上毎日見せられたら、有物論者の私でも流石に認めますよ(笑)

1999年にハーバード大学の理論物理学者の「リサ・ランドール」は、この世の空間には5次元・6次元などの異次元があると発表して話題にありました。

その後に多くの物理学者が関わり異次元の存在は立証されたのです。

リサ・ランドールは、物理的5次元である高次元世界を、次のようなモデルを構築してわかりやすく説明しています。

我々は宇宙のバスルームのシャワーカーテン(膜、ブレーン)のようで、我々はシャワーカーテンについた水滴のようなものと考えればよい。

水滴はシャワーカーテンの上を移動できるがシャワーカーテンから離れてバスルームには飛び出せない。

バスルーム全体が高次元(5次元、6次元などの異次元)の世界だと言える。

我々の3次元のブレーン(膜宇宙)の中を移動できるが、高次元の世界へ飛び出すことができず、また高次元の世界を見ることができない。

また、我々の膜宇宙以外にも、別の異なるブレーンがいくつもあると考えている。

ブレーンが高次元の空間全体の境界になっていて・・・・

頭がいたくなってくるでしょう〜(笑)

リサ・ランドールは5次元の存在は認めるものの、人がその次元に行き来できないと言うところは、やはり物理学者だなーと思います。

私はいくつかの条件が揃えば、意識体である生命は5次元へ行き来できると思っています。

どちらにせよ、見えない物は信じない方々でも初詣で神社へ行ったり、お盆にはお墓まいりに行かれる方も多いと思います。

古事記などを少し知ると、日本には多くの神々がそこら中にいるのです。

決して神さまがいるのか?いないのか?の話しではないでが、目に見えないモノの存在は確かだと思います。

今の科学で解明されていないことでも、近い未来には必ず解明されてくると信じています。

今のところは、信じるかどうかは貴方次第なのです(笑)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報