ブログ

経営者はアーティストになることを目指そう

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ち

エクスペリエンス・マーケティング(エクスマ)の師匠: 藤村正宏さん(スコット)に言われて、未だに脳裏に残ってる言葉の一つがあります

「経営者はアーティストになれ!」

正直、エクスマ塾を卒業しても何のことを言ってるのかさっぱりわからなかった言葉でもあります

経営者=アーティスト???

経営の勉強ばっかりしたり、経営セミナーばっかり受講したりするのではない!(エクスマは別)(^◇^)

アートに触れたり、自然を感じたり、映画を見たり、日頃しないような行動したり、非日常的な空間に行ったりすることが経営者にとって不可欠だということです

いまだに100%わかってわけではありませんが、とりあえずこの言葉を聞いてセミナーを受講した後は非日常的な空間に行ってみたり、今までやってみなかったことにチャレンジしたりしてみてますw

エクスマの藤村正宏先生を知りたい方はコチラ

自分の固定観念・常識から離脱してみる


先ず言われたのが、同業者がやる事はやらないほうがいい!と言うことです

同じことをやっていてはコモディティ化が起きる!

だからこそ同業者がやらないことを絶対にやるべきだ!と教わりました

しかし、そこで邪魔するのが自分の固定観念や業界の常識なのです

逸脱できない自分がいる(笑)

そこで、まず自分自身が行ったのは、日頃やらない行動やってみることでした

大した事ではありません

いつも電車で上野駅までいってるもの、歩いてみる

いつもホラー映画やアクション映画を見ているものドラマを見てみる

休みをとってたまに旅行に行ってみる

日頃読んだことのないような本を読んでみる

すべて大した事では無いのですが、私は6カ月間とにかく日頃やらないことをやってみました

すると・・・

全然 世界観が変わってくるのです!

歩いているだけで風や道端に咲く花を感じるようになりました

苦手だと思ってた骨太のドラマ映画から学ぶことも多くなりました

美術館に行って絵を見ることによってその時代背景の心情に触れることができました

今年の春は初めてゆっくりと桜を見ることができました

いつもは桜よりも宴会やお酒が優先でしたから、全く桜を楽しんでいると言う事はありませんでした(笑)

桜を観て感動して涙が出てくるなんて今までにはない感情です

何かしらが変化してきてるのを感じます

非日常の空間に自分をおいてみる


大きな転機になったのが、昨年開催された「SNS発信強化の鬼怒川温泉合宿セミナー」です

温泉地でセミナーするの?

と最初は面食らいましたが、温泉好きの私としては断る理由がなかったのです

講師の平松泰人(まちゃ)さんのアテンドが「神」的だったのでですw

温泉地に行く前に寄るべき場所は一切告知されていません

我々の期待を裏切り(良い意味で)日頃経験できない経験や体験をたくさんさせてくれました

日頃絶対に自分がしない行動してみることによって大きな変化が生まれました

その日以来のSNSの発信が劇的に変わっていったのです

平松泰人(まちゃ)さんを詳しく知りたい方はコチラ

この経験から、会社等の会議も非日常的な空間で行った方が良いアイディアが出ることがわかりました

会議を温泉旅館でする

ランチを食べながらワインを飲みながら会議をする

美容の講習会を温泉旅館です

ワインバルで美容講習をする

普通の会社ではお酒を飲みながら会議をするなんて絶対にNGだと思いました

他の会社がやらないことをする!

すでに温泉地での美容講習会は予定を入れました(笑)

必ずしも会議室やセミナー会場だけが成果が上がる場所ではない

ロジック的に考えればバカバカしいかもしれませんが、エクスマではそこに価値を置いています

ロジック経営は限界だと思う


20年近く前から私は日本の経営コンサルタントでロジック的には1番だと思う先生に様々なことを学びました

確かにそのロジック方式を適用したら売り上げはどんどん伸びてほんとに急成長したのも事実です

しかし、6年位前から全くそのロジックが通用しなくなったのです(事実です)

今でもその先生にはとても感謝しています

コトラー・ドラッカーを始めとしてロジック系の基礎を築いてくれた方々の本もたくさん読みました

何故?ロジック経営がこの先厳しいのか?

それは、同業他社も同じような戦略することになるからです

理論と言うのは再現性がある、再現性と言うのは真似できるということです

つまり経営のコモディティ化が起きるので論理や理論が限界だと思っているのです

このことをエクスマで痛烈に学びました

つまり、再現性ができないビジネス、サービス、独自化と言う圧倒的な世界観を作り出すしかないのです

圧倒的な世界観を作るには好きなことの徹底する!

再現性のない自分の価値に目覚めこと=アーティストになると言うことではないかと今の段階では実感していますw

その価値感を発信して圧倒的なコミニティーを作ることを目指しています

その途中段階では同業他社の避難や否定もたくさんあります

しかし、圧倒的な世界観を作るにはそんなことに耳を傾けている暇はないと私は思っています

まっ、そもそも同業他社はお客さんでは無いですからね(笑)

そんな心の変化を感じたのでブログに書いてみました

まだまだ発信し続けますのでよろしくお願いいたします

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報