ブログ

経営者は感性を磨いた方が良いと思う

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)

地球の応援団長こと鳥辺康則です

初めてブログを読んでいただける方はコチラを

鳥辺康則(とりちゃん)の生い立ちはコチラ

仕事柄、出張が多く全国各地行っている私ですが実は今まで観光などはほとんどしたことがないのです

47都道府県すべて行っているのに全くと言っていいほど観光をしていません(笑)

しかし昨年から学ばさせていただいているエクスペリエンス・マーケティング「エクスマ」の藤村正宏先生から・・・・

エクスマを知りたい方はコチラ

経営者はアーティストになれ!と言われました

正直最初は何のことを言ってるかさっぱりわかりませんでした

しかし学びをさせていただくうちに、経営者は自分の感性を磨くために日本に文化に触れ、芸術に触れて、映画や舞台を見て、音楽などに触れてことがいかに大切であるかを学びました

それ以来積極的に今まで見たことない映画を見たり、出張に行った時極力観光するようになりました

そのことによりとても視野が広まり自分の中でのブレイクスルーが起きているように感じます

また、自分の固定観念や行動パターンを崩してみることも大切だということを学びました

今回鳥取県への出張の仕事が入りました

正直・・・鳥取県は30回以上言ってるのですが1回も観光したことないので、今回は行動パターンを崩して見て、感性を磨くために観光も入れてみることにしました

いつもと違う行動パターンで鳥取へ


脳は偶有性を好む性質があります

つまり脳を活性させるにはいつもの行動パターンではなく変化させることによって活発に活動すると言われています

私は飛行機に乗るときは絶対にANAを使わないと決めています

過去20年間にわたり様々なやりとりがあり心の中でこの会社に対して増悪すら感じてました

しかし鳥取空港はJAL便がなくANAを使わなければいけないのです

今までは大阪を経由して特急で鳥取に行くことが多かったです

しかし今回は・・・・

そんなに憎んでばかりいるのではなく、心を寛大にしてANAで鳥取へ行くことに決めました

しかし・・・

やはり羽田空港で発見するにあたってトラブルが起きたのです

ANAは予約するとメールが予約されたことを確認するため送られてきます

しかしそこにはQRコードや予約の9桁の番号等が書いてないのです

実際羽田で発券機に行くとQRコードや予約の9桁の番号が必要との事でした

予約の4桁の番号あるのですが、それらしきものがないのでグランドスタッフに聞いてみると、非常に対応が悪くまたされた結果、長蛇の列が並ぶ4番に行け!冷たく言われました

4番はどちらですか?と聞くと「そこだ」と言われました

そんな言い方あると思いますか(笑)

その後わかったのですがQRコードを出すためには何回も重複した入力が必要です

さらに決済に使ったクレジットカードの下4桁の番号を覚えてなければだめなのです

QRコードが出るまでには3段階において画面に入り込まないとダメなのです

ま〜自力でQRコードが出せたのでよかったです

多分ANAのアプリとかをインストールしてればそのまま連動されてたと思うのですが日頃乗らないので発券するために40分ぐらいかかりました

しかし・・・

そこで大変勉強になりました

なぜ多くの人々がANAに乗るのかな?

つまり慣れるとJAL以上にスムーズにゲートを通過できることを発見いたしました

私は不慣れだったので時間がかかりましたが、多分何度かやって慣れればJALの半分ぐらいの時間でゲートインできるのではないかとびっくりしました

これも経験してみなければわからなかったことなので非常に学びになりました

ANAとJALは飛行機の中に入ればさほど間違いはありませんが、ゲートインするまでの流れに大きな変化がありました

またANAに乗ってみたいと思うようになったのです

スタバじゃなくて「スナバ」でしょ


空港に着いてからもいつもの行動パタンを崩すようにしました

お客様が空港までお出迎えしてくれたのでコーヒーを飲もうと言うことになったのです

だったらやはり鳥取といえばスターバックスコーヒーでは無く、スナバ珈琲でしょう(笑)

知る人ぞ知る!数年前まで鳥取県にはスターバックがありませんでした

その期間鳥取県民に愛されていたのがスナバ珈琲なんです

今ではスターバックもできたのでどちらも選べるようになったのですが、せっかく鳥取に来たのであれば絶対にスナバ珈琲がオススメです

ランチタイムだったので、鳥取名物の「モサ海老丼」や「シロイカ丼」をいただきました

ご当地でしか食べれない丼だったので大満足のランチでした

初の鳥取砂丘へ行ってみました


鳥取に30回以上来てるのに1回も鳥取砂丘を見たことがありませんでした

空港も鳥取砂丘コナン空港と名前がついてる位ですからやはり絶対に見るべきだと思う観光スポットです

車で向かうとわずか15分位で着きました

意外と市内から近くてびっくりです(笑)

現地の方々に聞くと・・・・

今の鳥取砂丘は砂丘ではない!昔はもっと砂がたくさんあり向こうの海が見えないくらい壮大な光景だった

それが様々な地球環境温暖化や異常現象の影響において年々砂丘の砂がなくなり今では平坦になりつつある

地元の方々の言葉に本当に変化したんだと言う思いを感じます

それでも実際の鳥取砂丘初めて見た私は・・・

凄い〜 こんなの見たことない!

サハラ砂漠とまでは言いませんが壮大な砂丘の砂漠が登場したのです

時間があれば、ラクダに乗ってみたかったのですが今回は断念です

だって、日本国内でラクダに乗るって滅多にない経験ですからね!

銀座に歩いてる人10人にアンケートしてみてラクダに乗ったことのある方?と聞いたら多分0人か1人だと思います(笑)

興味ありますよね

仕事一辺倒でこの20年間走ってきた私ですが、なぜこれだけ壮大な鳥取砂丘を観光しなかったのか本当に悔やまれます

心が躍り感動し本当に清々しい気持ちになりました

鳥取からの帰りも変化してみました


仕事が終わり帰りは飛行機ではなくJRの電車です

そこでいつも私が買う駅弁があるのです

創業明治43年の老舗のアベ鳥取堂さんの「元祖かに寿司」なのです

昭和27年販売開始以来、半世紀を超えるロングセラーで定番中の定番の大ヒット駅弁です

この駅弁が大好きでたまらないのです

しかし・・・

いつもの行動パターンを崩す旅なので今回はあえて違う駅弁をチョイスしてみました

選んだあげくに決めたのが「とっとりの居酒屋」です

様々なお酒に合うようなおつまみが入った最高の弁当です

初めて食べたのですが正直衝撃的なおいしさにびっくりしました

やはり初めてのことをしてみると良いことがあるのですね

内容はとにかく鳥取県の名物満載です

  • あご寿司
  • いか寿司
  • あごちくわ
  • とうふちくわ
  • あごのしそ巻フライ
  • 鳥取牛の煮込み
  • あごちくわの金平
  • とうふちくわの酢味噌あえ
  • イカの子の煮付け
  • 長芋の天ぷら
  • 大根なます蟹爪添え
  • あまさきの南蛮漬け
  • するめの麹漬け
  • 鳥取産らっきょう

凄いラインナップだと思いませんか

これをつまみに缶チューハイをぐびぐびしながら楽しく移動ができました

日頃しないような行動して、いつもの行動パターンをくずしてみる

そうすることにより脳が活発になり様々なアイディアが浮かんできました

そしてせっかく日本人で生まれてきたのだから日本の名所を巡ったり、芸術や文化に触れることも刺激になりました

いやー楽しかったです(^◇^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報