ブログ

脳と水分の関係性!

美と健康を通して地球環境浄化(^◇^)地球の応援団 団長こと鳥辺康則です。

人間の体は70%が水とよく言われますが、臓器の中で特に水分が必要なのが「脳」といわれております。

脳は実にその75%が水分で、脳が働き続けるためには絶対的に水が必要なのです。

脳の細胞には、水分とその他の必要な要素が、絶妙で正確なバランスをとってることが重要とされます。

このバランスが崩れると脳にはいろいろな障害が出てくると言われてます。

その症状とは、脳は資源を保持しようとするため、注意力がなくなり記憶力も鈍くなります。
つまり物事に集中するのが難しくなり、刺激に素早く反応できなくなるということです。

水を飲むことで心に影響を与える事も証明されています。
この仕組みはとても簡単で、脳の温度が上がり、毒素や視細胞を取り除くことができるのです。
また化学反応のバランスを取ることも証明されています。

ではどのように水分を補給をしたら良いのか?いつ水分補強したら?などが挙げられます。

一般的には水分は一気に大量の量を飲むわけではなく、時間を開けて1日何回も水を少しずつ飲むことが良いとされています。

また特にオススメな水分補給の時間帯は、朝起きた時と夜寝る前だということです。

朝起きたときの水分補給は脳にダイレクトに水を与え機能してくれます。

また寝る前のコップいっぱいの水は、睡眠の質を高めると言われております。

水によって、脳への血液循環が良くなり、酸素や水分が脳に行き渡るようになり、脳を落ち着ける効果もあります。

さらに水には脳の老廃物を除去する役割があるとも言われております。

水分不足がどれだけ軽いものであっても、ホルモンバランスの乱れにすぐにつながってしまい、様々な機能障害が起きてしまいます。
つまり生命維持に大切な多くの基礎部分に影響すると言うことなのです。

結果として起こり得る1つに、認知スピードの低下がありこれによって物事を記憶するのが難しくなったり、話の結論を予想しにくくなったり、長期記憶の能力も低下したりもします。

よく「私はお茶を大量に飲んでいるから!」「コーヒーを飲んでいるから!」と言う方もおられますが、 水分補給は水を摂取することをお勧めします。

それだけ脳は水分を必要としています。

ですから「頭から水を入れる」と言う行為は理にかなっているとも言えるのです。

頭から入れることにより、体温が上がったり、脳波計でα波が計測されてり、血流が良くなったりっていうのは 納得できる結果ですよね!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧

最近の記事

おすすめの記事

おすすめ商品

キャンペーン情報